芥屋(けや)に出来た!待望のスポット「糸島ピクニックヴィレッジ」

<スポンサード リンク>

こんにちは!
世界一周旅行から、地元の福岡・糸島に戻ったのぎー&かなです!
糸島半島の北西の海岸部は、芥屋(けや)という地域で、夏は、名勝芥屋の大門(けやのおおと)や海水浴場、全国的な知名度を誇る、野外音楽フェスSunset Liveなどで賑わいますが、そのほかの季節は正直それほど人が集まりません。

そんな芥屋に、待望の立ち寄りスポットItoshima Picnic Village【糸島ピクニックヴィレッジ】が2016年の4月にオープンしました!

keya map
↑赤いピンのあたりでーす!

■ピクニックできる公園のようなスポット

訪れた日はたまたま、オープニングマルシェという、臨時出店のお店やアーティストのブースがいっぱい立ち並ぶ日で、とても賑わっていました!

picnic - 1
↑お店が点在するピクニックヴィレッジ

picnic - 2

アーティストの人たちも作品をその場で作ったり、売ったりして、とてもクリエイティブな雰囲気。
東京にいた頃は、アートが青空の下で気軽に売られている光景をあまり見たことがなかったので、とても新鮮でした。
糸島はアーティストにとってもとてもいい環境かもしれません。

picnic - 3

picnic - 4

picnic - 5

■ドライフルーツも売ってました!

110west.inc(ワンテンウエスト ドット インク)のドライフルーツも臨時出店で売っていましたよ!私は、イチゴのドライフルーツが特に好きです。

picnic - 6
↑地元が芥屋の、ワンテンウエストの美和さんとしばし談笑。

どうやら今日は、テレビ局の取材も入っていたようで、一気にピクニックヴィレッジの知名度が上がったようです。
良かったですね〜。

■他にも興味深いお店がいっぱい!

敷地の一番奥には、甘味処・ランチの大門茶屋いろりがあります。

picnic - 7
↑いろり

古民家を改装したお店で、実際に囲炉裏もあって、いい感じです。今まで芥屋には、ちょこっと食べられる場所が少なかったと思うので、とてもいいと思います。

<スポンサード リンク>

そして、蓮の実アパートメントというパワーストーンなどを販売されるお店があります。

picnic - 8

picnic - 9
↑奥の方では、占いのセッションが行われていました。

近くにある「芥屋の大門」は、玄武岩で出来た、海岸沿いに切り立った巨岩ですが、おそらくその地に対する信仰は縄文時代に遡ると思います。
縄文は巨岩信仰の時代です。
その地にパワーストーンのお店が出来たというのは偶然じゃないんだろうなぁと感じました。

picnic - 10

picnic - 11

あとで気づいたのですが、敷地のすぐ外側にある、ワッフルなどカフェメニューが楽しめる芥屋ビーチマーケットも、どうやらピクニックヴィレッジ「内」のお店のようです。アクセスがよくわからなくてその時は気づきませんでしたが。。

ピクニックヴィレッジのおかげで、芥屋にも年中人が集まるようになるかもしれませんね。今後の展開が楽しみです!

明日も糸島を楽しみます!!

Comments(コメント・質問)

<ことのはの予約>
↓ 民泊サイトAirbnbより
↓または、ホームページの「宿泊予約フォーム」よりお申込みください。

<スポンサード リンク>

福岡に来るならスカイマーク!


面倒な会員登録をしないでホテルを予約しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。