商店街ベンチ・クラウドファンディング実施中!9/22(土)まで!

魔女の宅急便の舞台!?「日帰り」でドゥブロヴニク観光! , Dubrovnik , Croatia

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「クロアチア」で2015年7月15日に、私たちが体験したお話です。

民宿の客引きはどこ!?

ドゥブロヴニクのバスターミナルに着いたのですが、ウワサの民宿の客引きおばちゃんが全くいません。

やはり午前中はいないかぁ。
しかも今は観光シーズンだからけっこう民宿も埋まってるかも。

がーん。

街のインフォメーションに聞いたら、最安の民宿で330クーナからみたいです。40ユーロ超えてる。
うーむ。

2人で話し合った結果、ドゥブロヴニクには日帰りにして、今日の夜行でボスニア・ヘルツェゴビナに向かうことにします。
港には、超大型のフェリーや個人所有の豪華フェリーがいっぱい停まっていて、なんか「観光都市」的な落ち着かない雰囲気を感じ取ったからです。

Dubrovnik - 3ferry1

Dubrovnik - 2ferry2
↑高級リゾート地であるのを感じさせますね。

ムリしない、ムリしない。さて、私たちは荷物をバスターミナルに預けて、観光に向かいます!

 

城壁の上は歩きたい!

ドゥブロヴニクの見所は旧市街です。

Dubrovnik - 4street
↑賑わう旧市街のメインストリート。

ものすごく高い城壁に囲まれたエリアです。

ギリシア時代の遺構もあるみたいで、そうなると歴史は紀元前ですね。
相当古くから発展していたようです。

旧市街の外周に張り巡らされた城壁の上を歩くのが、ドゥブロヴニクの観光の目玉

ただ歩くだけで、大人100クーナ(約2000円)、学生・子供30クーナと大人料金めっちゃ高いですが、まぁ、でも旧市街を歩くだけなら、他の都市とあまり変わらないので、城壁の上は歩いたほうがいいと思います。

Dubrovnik - 5castle1

Dubrovnik - 6castle2

Dubrovnik - 7swim
↑城壁の上を歩く。かなり絶壁です。泳いでいる人がいていいなぁと思います。

数十メートルは城壁あります。。。よく作ったなと感心します。
なんでも大地震が襲っても、城壁はビクともしなかったとか。納得です。

 

Dubrovnik - 101street2

城壁の上からは、住民の生活感あふれる様子が垣間見えます。
なんでも旧市街には2万人以上の人が住んでいるみたいです。

とにかく赤茶色の瓦が、街全体を埋め尽くす景観は圧巻です。
周辺部が盛り上がっていて、中心部に向かって、沈んだようになっているのも面白いですね。

Dubrovnik - 102mountain
↑海側から山側を見る!

Dubrovnik - 100sea
↑海側を眺める!

海側も山側も絵になりますね。
美しい。

いやーすごかった。

この街は、かの有名なジブリアニメ「魔女の宅急便」の舞台になったと言われています。

主人公のキキになった気分になれます。

観光都市って、でも・・・

でも旧市街のレストランエリアに行くと、イタリアより高いんじゃないかと思うような値段設定のオンパレード。
クロアチアの経済規模を考えると、ちょっとやり過ぎ感も。。。

テイクアウトの値段はそこまででもないのですが。。。

やっぱり豪華客船に乗ってくるような人たちがターゲットだからですかねぇ。

住民はいっぱいいるので、一体、外食するときはどこで食べるのかなぁと妙に心配になります。

日本も今から観光に力を入れようとしていますが、「観光だけ」の街にはならないようにしないといけないなぁと思います。
地元の人の生活が感じられたり(伝統文化とか日々集うカフェやバーが目に付いたりなど)、生業が垣間見えたりしないと、「リアル感」に欠けるので、なかなかリピートには繋がらないかもしれません。

もちろん観光客は大切ですが、短期観光だけでなく、長期滞在者や移住者も増えると、新しい価値観が生まれ、何らかの新しいビジネスチャンスが広がるかもしれません。

将来、ゲストハウスを通じて地元の福岡・糸島を盛り上げたいと思っている私たちには良い経験でした。

今日は夜行バスでボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボを目指します。

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)