8/11 6000年の歴史ある都市プロブディフ観光ツアーに参加! , Plovdiv , Bulgaria

<スポンサード リンク>

■歴史あるプロブディフ!

ブルガリアのプロブディフにいます!

日本人にはあまり知られていない町ですが、なんと6000年の歴史がある、ヨーロッパ最古級の町です!
そもそも話ですが、ギリシアが大発展をしたのは紀元前800年以降と言われていますが、そのあとローマの時代を迎えたのはご承知の通り。

そんな流れの中で、ギリシアはヨーロッパ文明の起源とされていますが、それ以前にヨーロッパで発展していたのは、実は黒海沿岸のブルガリアやトルコにまたがる地域だったようです。(トラキア黄金文明と呼ばれ、世界最古の黄金文明だったみたいです)

プロブディフ周辺では最近発掘調査も盛んで、もしかすると、かつてないほどの巨大遺跡が発見されるかもしれませんね。

▪️フリーツアーでまずは、繁華街を散策!

さて、今日はプロブディフを巡るフリーツアー(Plovdiv free tour)に参加します。

フリーツアーは1日2回開催されていますが、とにかく暑いので、夕方の18時からの回に参加します。
2時間あるようなので、みっちり楽しめそうです!

集合場所に行くと、15人以上集まってます。すごい人気!
イタリアやドイツ、アメリカなどみんな国籍も様々です。

Plovdiv - 02tour
↑City Hallの前に集合!

さて、まずは繁華街を巡って、次に丘の上の旧市街へ向かいます。

繁華街には「Plovdiv together 2019」の看板があちこちに!

Plovdiv - 03event

どうやらヨーロッパには「欧州文化首都」という取り組みがあって、欧州連合が指定した加盟国の都市で、一年間にわたり集中的に各種の文化行事を展開出来るそう。

どこか一ヶ所だけじゃなくて、全体で盛り上がろうという取り組みは素晴らしいですね。しかも加盟国の予算を使えると思うので、かなり大胆なアイディアも実現出来そうですね。

1980年代に始まったイベントですが、経済効果も大きく、再開発のモチベーションも上げることが出来るので、最近では比較的マイナーな都市が脚光を浴びる傾向にあるようです。

文化首都に選ばれようが選ばれまいが、みんなでアイディアを出し合って、街の将来像を考えれるので、素晴らしい取り組みだと思います。実は日本にはオリンピックじゃなくて、こういう地味な取り組みを続けたほうが効果あるんじゃないかという気もしました。
オリンピックで整備されるのは一都市だけですが、これならば、参加する都市はそれぞれの魅力アップに知恵を絞るでしょうから、全体的なレベルアップにも繋がります。
将来的には、この企画のアジア版も出来たら面白いと思いました!

さて、繁華街の最大の見所は、街の真下に埋まっている、ローマ時代遺物と言われる「ローマ競技場」です!

Plovdiv - 04roma1

<スポンサード リンク>

今建物が建っている場所の真下に、細長い楕円形の競技場が顔を見せます。すごい景観ですね!歴史が重層しています。
ちょうど歩行者天国になっている、アレクサンダル1世公通りはちょうど競技場のグラウンドの真上ですね。

Plovdiv - 05model
↑模型だとこんな長細いみたいです。

完全に上の建物群は、埋まっている競技場を利用して建てられています。
ローマ帝国以降もオスマン・トルコなどの様々な国に支配された地域ですので、歴史の中で土の中に埋められてしまっていたのかもしれません。

ギリシアのデルポイ競技場をモデルにしたと言われ、もしかするとこの競技場の来歴はローマ時代より古いかもしれません。

■アートの街プロブディフ?

繁華街のそばには、トルコの影響かスーク(専門店街)がありますが、モロッコ・フェズに比べるとこざっぱりした印象。
そして、何故かアート系のお店がいっぱい!雑貨屋から画廊やギャラリーなどなど。

Plovdiv - 20art1

Plovdiv - 21art2

Plovdiv - 22art3

Plovdiv - 23art4

Plovdiv - 24art5

分電盤とかもイラストが塗られていて、案外歩いていて楽しいです。
本当にお店というお店がアート系です。すごいなこれは。。。

▪️丘の上の旧市街へ!

そして、丘の上の旧市街(Old Town)へ向かいます!
先ほどの繁華街の通りは、ブロックできれいに舗装されていますが、こちらはガラリと変わって、大きめの粗い石が無造作に置かれているといった印象です。

Plovdiv - 07stone

補修された跡がありますが、めちゃくちゃ歩きにくいです。笑。
今まで歩いた町で一番デコボコしてるかも。同じホステルに泊まっていた女の子で旧市街で足をくじいたという人がいたので、歩きやすい靴のほうがいいと思います。

逆に石畳が洗練されていない点から考えると、この町がいかに古い時代から発展していたかが想像できます。

Plovdiv - 06house

旧市街には上の写真のような伝統的家屋が建ち並びます。
日除けを作るために、上階がせり出しているのが特徴です。絵が描いてあってなんだか可愛い。

Plovdiv - 08top

丘の上には、かつての城跡が。
ガイドの女性から、プロブディフには7つの丘があると言われ、がんばって探そうとしましたが、暑すぎて、見つけるのを断念。笑。
3つあるのは分かるんだけど。。。

旧市街は3つの丘が連なっているそうです!早く言ってくれー!道理で見つからない。笑。

でもあと1つはどこだ!? なんでもその昔、ロシアかどこかに壊されてなくなったらしい。

結局丘は6つでした。

Plovdiv - 10sunset

ツアーは約2時間でしたが、大満足です。寄付を少ししてありがとうと伝えました!
とても充実した日でした。

Comments(コメント・質問)

<ことのはの予約>
↓ 民泊サイトAirbnbより
↓または、ホームページの「宿泊予約フォーム」よりお申込みください。

<スポンサード リンク>

福岡に来るならスカイマーク!


面倒な会員登録をしないでホテルを予約しよう!

8/11 6000年の歴史ある都市プロブディフ観光ツアーに参加! , Plovdiv , Bulgaria” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 8/12 ブルガリアの民族について知るなら「プロブディフ地域民族誌学博物館」へ! , Plovdiv , Bulgaria | Enjoy the World!! 夫婦で世界一周旅行!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。