クスコからプーノ(Puno)にバス移動, Cusco , Perú

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「ペルー」で2015年3月2日に、私たちが体験したお話です。

クスコのバスターミナル

ペルー・クスコからバスでプーノというチチカカ湖沿岸の街へ移動します。
ボリビアの国境の近くです。

クスコを22:30に出発で、プーノには朝の6時前には到着します。

最初は、Cruz del Surという最大手のバスを使おうと思っていたのですが、旅行代理店もやっている宿のオーナーより、「同じグレードでもっと安いバスがある」と紹介された、「Huayruro tours」のバスを利用することにしました。(40ヌエボソル、約1600円、2015年現在)

Cruz del Surの場合はおそらく60ヌエボソルくらいのはずです。

ちなみにクスコには、「バスターミナル」があります。

ペルーはバスターミナルがない街も多く、バス会社のそれぞれの営業所が発着所という場合も多いです。
そういう意味ではクスコは分かりやすいです。中心市街のちょっと外れくらいにあります。

Cusco - 24bus1
↑バスターミナルの様子。

けっこう小さめなので、出発時間まで宿や市街で過ごした方がいいと思います。

Huayruro toursのチケット売り場がどこにあるかと探したら、なんと2階でした。
新参組でしょうか。

Cusco - 25bus2
↑ターミナル使用料の支払所。

電光掲示板に1って書いてありますが、端数が映らないだけで、実際は1.3ヌエボソルでした。笑

ペルーではバスターミナルがある場合、ターミナル使用料が発生します。

バスのチケットに「込み」の場合もありますが、普通は別途支払いです。列に並んで払います。確か、支払い済みのシールをチケットに貼ってくれたと思います。

Cusco - 26bus3
↑立派なバス

乗り心地も良かったです!無事朝の6時前にはプーノに着きました!とうとう高度4000メートル級の世界です。

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)