ブラジル・サンパウロからポルトガル・リスボン(Lisbon)へ飛行機移動!  , São Paulo , Brazil

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「ブラジル」で2015年4月24日に、私たちが体験したお話です。

中南米さよなら!また会いましょう!

とうとう南米を離れる日が来ました。寂しすぎる〜。
アルゼンチンにもチリにも行けていないのに5ヶ月近く中南米にいました。楽しかったです。

どの国も大好きですが、スペイン語勉強のため滞在したグアテマラや、サマイパタのような秘境でのんびり過ごしたボリビアは特に印象深かったです。
また機会あれば中南米を旅したいです。

サンパウロ国際空港へは「メトロとバス」で!

サンパウロの周りには空港が他にもあって、紛らわしいのですが、基本的には郊外にある「Guarulhos International Airport(グアルーリョス国際空港)」発着が多いと思われます。

行き方としては、メトロの「Tatuapé(タトゥアペ)」駅まで行けば、すぐそばのバスターミナルから、「空港」行きのシャトルバスが頻発しています。(バス代 5.15レアル、約200円くらい)
ちなみにメトロも乗車賃は3.5レアルなので、かなり安く行けます。

Sao Paulo - 3tatuape
↑メトロのタトゥアペ駅を出ると、「Ônibus Aeroporto」のサインがあります。分かりやすくて嬉しい!

Sao Paulo - 4bus1

Sao Paulo - 5bus2
↑空港行きのシャトルバス。背面にしっかり、Guarulhos行きと書いてあります。

このシャトルバスはけっこう面白くて、東京の京急に乗っている気分になります。
というのも途中から、空港で働く人たちがパシッとユニフォームを着たまま、乗り込んでくるからです。
なんか、旅の雰囲気が出てきます。

ちなみに、空港までの鉄道作っている気配がありましたが、オリンピックまでには間に合うんでしょうか。たぶんムリそうな気がします。笑

空港もターミナルが1〜4まで!遠いので気をつけて!

 

サンパウロのグアルーリョス国際空港はめちゃくちゃ大きい空港です。
ちなみに注意したいのは、最初シャトルバスは「ターミナル4」に停まって、ターミナル1、2の順番に停まります。
ターミナル4がかなり離れた場所にあるので、間違って降りないようにしてください。

空港内循環の無料バスもあるようですが、時間が無い場合はバス待ちはつらいと思います。

3はなぜかシャトルバスが向かわないので、循環の無料バスかターミナル2から歩いていく感じになります。
ターミナル1、2、3の距離はそれほど遠くはありません。

Sao Paulo - 6airport
↑ターミナル3。開放感あります。国際線の多くはここから出るんじゃないかなと思います。

飛行機はスペインのイベリア航空で、サンパウロを15:10に出て、翌朝7:00頃いったんスペイン・マドリードで乗り換えます。そして、マドリードを朝9:00頃に出発して、ポルトガル・リスボンに10:00頃に着くというかんじです。
スペイン行ったら良かったじゃんって声も聞こえそうですが、スカイスキャナーで検索しても安いチケットは出てこなくて、なぜかリスボンまで行ったほうが安かったんですよね。1人47000円くらいでした。

ちなみに、片道切符しか持っていませんでしたが、チェックインの際も、入国の際も特に何も聞かれることなく、入国できました。

↓↓ オススメ!
お得な航空券はスカイスキャナーでチェック!

広々ラウンジで、ゆったり休憩!

サンパウロの空港では、いつも通り、プライオリティパスを使って、ラウンジで休憩したので、ご紹介しておきます。

Sao Paulo - 7lounge
↑超快適、広々ラウンジ!

さすが、大都会の国際空港!めっちゃ充実してます!

サラダにスープに、サンドイッチ。ブラジルらしいかどうかは不明ですが、美味しかったです。

Sao Paulo - 8lounge
↑充実の食事類

もちろんWi-Fiも無料で利用できるので、待ち時間はインターネットをして過ごしていました。
プライオリティパスを持っていると、空港でとてもリラックスして過ごせ、しかもインターネットも出来るので、旅人必須だと思います。


↓↓<旅人必須!!!>
楽天プレミアムカードを使えば、「無料」プライオリティパスが使えます!


私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)