リスボン名物「エッグタルト」の超老舗「パステイス デ ベレン(Pastéis de Belém)」へ! , Lisbon , Portugal

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「ポルトガル」で2015年4月25日に、私たちが体験したお話です。

ヨーロッパ上陸!

中南米の5ヶ月以上の旅から、ヨーロッパへ舞台を移した私たちですが、その最初の地に選んだのは「ポルトガル」でした!

ブラジルから飛行機で飛ぼうと思うと、旧宗主国のポルトガルとの関係がやっぱりあるので、けっこうポルトガル行きのフライトがあるんですよね。
同じポルトガル語圏なので、スムーズかなと思った点もあります。

Lisbon - 05city
↑リスボンの風景。赤茶色の屋根が青い海に映えます!

ヨーロッパは街並みが整っていていいですよね。(色々と景観保存の法律があって、住んでいる人にとってはウザい点もあるようですが。)

せっかくなので、なるべく田舎を見てみたい気もしますね。
将来、福岡・糸島という田舎に戻る予定なので、何か役に立つかも!

超名物の「エッグタルト」@パステイス デ ベレン

ポルトガルといえば、エッグタルト!

旧植民地のマカオもエッグタルトで有名ですね。実はブラジルにもけっこうエッグタルトを見かけました。
しかし、その他の地域ではあまり見かけないのが面白いです。

当地ではエッグタルトのことを「ナタ(Nata)」と言います。

実は私はそのことを知らなかったので、友達に「ポルトガルではナタ食べてね!」って言われて、「なにそれ!?エッグタルトなら食べたけど!」って答えてしまいました。笑。

元々、リスボンのジェロニモス修道院で作られていたそうで、現在では、修道院近くの「パステイス デ ベレン(Pastéis de Belém)」というお菓子屋さんで買うことができます!

Lisbon - 01outside
↑ものすごい人だかりなので、一発でお店が見つかると思います。

 

Lisbon - 02sell
↑ちなみに表の行列はテイクアウトの列。

中にはカフェもあるので、コーヒーと一緒に食べるのもありです!

Lisbon - 03cafe
↑奥のカフェ。メチャメチャ広い!でも常にほぼ満席。どれだけすごいんだ!

Lisbon - 04make
↑工場も併設されていて、作っている現場も見ることができます。

どでかいマシンでどんどん焼いています。

私たちはテイクアウトを買って、外で食べました。

Lisbon - 22eggtart
↑名物のエッグタルト。1ユーロ

中はトロトロなのに、外側はパイ生地のように何層にも分かれていて、パリッパリです。たぶん高温で一気に焼いたんでしょう!
まるで、シュークリームの生地がパイになったかのような食感でとても面白いですね。

門外不出のレシピ!?

地球の歩き方には、ここのエッグタルトのレシピは門外不出だ!って書いてあったので、そうなのか〜と思っていたら、なんとレシピが堂々と貼られていました!笑
大胆不敵だな。

けっこうグラム数とか細かい!!

でも同じ味を家庭で再現できるかといえばムリな気がします。やっぱりかなりの高温で一気に仕上げないとダメでしょうしね。
ある意味、自信満々なわけですね。

創業年1837年というストーリーもあるわけですから、5年10年のお菓子屋にまねされてもどうってことないのでしょうね。すごいや!

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)