まさかのローマ法王に会えた! , Roma , Italy

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「イタリア」で2015年7月3日に、私たちが体験したお話です。

世界中の至宝が集められた美術館へ!

今日は早起きして、「バチカン美術館」へ行きます。

バチカン博物館には、いくつかの美術館やラファエロの間システィーナ礼拝堂などの見どころが沢山です。
なぜか予約すると4ユーロ増しなので、わざわざ行列に並びます。

なんか、普通は手間が省けるのでオンライン予約は割引なんですがね。

世界的に見てもローマだけ様子が違うようです。

かなり収入源を観光に頼っている印象。
ローマは首都ですが小さな街なので、もしかしたら「観光業」だけで食ってるのかもしれません。
とにかく暑い日に、1時間以上並びました。しんどい。

Roma - 01line
↑行列の様子

バチカン博物館は1日では回れないほどの広さです。
一応「順路」があって、最後の「システィーナ礼拝堂」を出ると、レストランやお土産コーナーに直行させられます。

Roma - 02garden
↑バチカン美術館中庭

また行きたい場所あれば、もう一度順路をめぐり直さないといけません。要注意。
この博物館でおすすめだったのは「地図の間(Galleria delle Carte Geografiche)」です。

Roma - 03inside1
↑地図の間(Galleria delle Carte Geografiche)

Roma - 04inside2
↑埋め尽くされた絵の迫力がすごすぎ!
Roma - 05inside3
↑細かな地図です。村落が書き込まれています。

天井に描かれた絵画や金色の装飾が眩しいばかりで、豪華です。
イタリア中の地図(集落の名前や川も細かく描かれています)が壁にかかっていて、測量技術の高さも感じますね。

あと、世界中からの名画が飾られている部屋もありました。
ダリやボテロなどなど。キリスト教に関する絵のようですね。

Roma - 06picture1
↑ダリの絵

Roma - 07picture2
↑ボテロの絵

肝心の「ラファエロの間」は最初それとは気付かずにサラッと見てしまって、もう一度戻る羽目に。
ラファエロの間って、一部屋じゃなくて、部屋がいくつかの連なってるんですね。

Roma - 09picture3
↑ラファエロの絵

ラファエロの絵は若々しくて、パワフルなかんじです。いいですね。

そして、「システィーナ礼拝堂」です。ここは写真撮影禁止です。

ローマ法皇を決める時は、ここで特殊な会議「コンクラーベ」が行われるとのこと。とても神聖な場所です。
そして、ミケランジェロが描いた壁画「最後の審判」が有名です。
かなり高い天井に目一杯描かれたおびただしい数の人物。

仏教でいえば「閻魔様」みたいな話ですね。救われる人と救われない人に分かれるという。
ミケランジェロの人物画は男性も女性も筋骨隆々で、イマイチ性別の違いが分かりません。とにかく人がいっぱいいる印象。

ミケランジェロに限らず、天井や壁は人で埋め尽くされているので、神聖な雰囲気というより、「誰かに見られている」ような落ち着かない雰囲気があります。
世界でも最も重要な決断をする場所なので、これぐらいで心乱してはいけないということでしょう。

バチカン博物館を巡って面白かったのは、とにかく「隙間がないほど、絵や装飾で建物が埋め尽くされていた点」ですね。

人間にもマーキングの習性があって、小さな子供は家の壁にシールなどをペタペタ貼ります。「自分の陣地」をアピールしているわけですが、まさにバチカン博物館はそんなかんじ。「キリスト教」に関連するもので埋め尽くされています。
すごいです。

最後は螺旋階段を降りて、外へ出ます。

Roma - 10step
↑螺旋階段

最後の審判を見た後なので、どこに通じているのかちょっと不安な気分になりますね。

まさかのローマ法皇に会えた!!

さて、サン・ピエトロ大聖堂に行こうと思ったら、なんか集会があって、今日は入れないとのこと。

それは残念でしたが、東京ドーム2個分はあろうかという、サン・ピエトロ広場をパイプ椅子が埋め尽くしています。

Roma - 14plaza
↑ものすごい人がサンピエトロ広場に集まっています!

近くにいる人に尋ねると「ローマ法皇」が来るんだよ、とのこと!
せっかくなので私たちも待ちます。

とにかく歌を誰かが歌ったら、誰かが話してというのが繰り返されます。

今日はどうやら、「第38回 ローマ法皇との国際対話集会(38esima Convocazione Nazionale)」が開かれる日のようです。

16時から始まった集会は、歌のあとに誰かが話してを延々繰り返します。
歌う人も豪華です。
トリノオリンピックでも歌ったアンドレア・ボチェッリなど。

Roma - 12sing1
↑アンドレア・ボチェッリ

アベマリアとか歌いましたが、感動ものでした。

会場が広すぎて、肉眼で見ると、ほんと点だったので、ずっと巨大モニター見てましたが。

18時を過ぎて、ようやくローマ法皇登場です。と思ってステージを見てもなかなか出てきません。
どうした?と思っていると、突然歓声が沸きます。

なんと、オープンカーに乗って登場です!

Roma - 15pope1
↑オープンカーに乗ってローマ法皇が登場!
Roma - 16pope2
↑手を振るローマ法皇

かなり衝撃的な登場シーン。

なるほど、通路が広く取られていた理由が分かりました。みんな大歓声で迎えます!
「宗教は熱狂」だと言いますが、まさにそんなシーン!ローマ法皇はアイドルなんだなぁと実感しました。

Roma - 17pope3
↑熱狂の中

ローマ法皇が登場した途端、急に雨が!
今日激アツな日だったのに、まさかの雨。衝撃的でした!

ボチェッリが雨の中「アメージンググレース」を歌います。感動的ですね。

このタイミングの見事さは、奇跡的でしたね。
とても興味深い集会を見れて良かったです。
宗教というのは、美術館の中では無く、こういうライブ感のある場所でこそ感じれる物かもしれません。

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)