2/4 激シブタンゴカフェ「Salón Málaga(サロンマラガ)」, Medellín, Colombia

<スポンサード リンク>

▪️コロンビアとタンゴ

コロンビアと言えば、「サルサ」!
キューバ生まれのダンスミュージックが根付いている感じがありますが、実はもともと「タンゴ大国」だったらしくて、本場のアルゼンチンの次くらいにタンゴが普及していたそうです。なんでもアルゼンチンの超有名タンゴ歌手「カルロス・ガルデル」がメデジン公演後の飛行機事故で亡くなったのが、タンゴが広まった理由だとか。

そして、その名残か、メデジンの中心市街「サンアントニオ」に、激シブのタンゴカフェがあります。
いや、「まだ」残ってました!と言ったほうが正確かもしれません。

■若者は出入り禁止!?激シブカフェ!!

そのお店の名は「Salón Málaga(サロンマラガ)」です!
Medellin - 01salon1

<スポンサード リンク>

店に入って、まずびっくり!!
おじいちゃんしかいない。笑
しかも、けっこう席埋まってます。

Medellin - 03salon2

テーブル囲んで、タンゴのCDいっぱい持ち出して、品評会を行っているようです。
シブすぎる!!
若い人がお店に入ることはまずありません。他にもスタバ的な地元のコーヒーチェーン店があるからでしょうか。。
壁にはたくさんの、タンゴアーティストの顔写真とレコード。

Medellin - 02salon3

日本にも、「クラシック喫茶」という、クラシック専門の激シブ喫茶がありますが、こっちはまだ若者も入るので、タンゴカフェとはかなり違います!

こういうトコトン特化したカフェは世界的にも貴重ではないでしょうか?
ちなみにコーヒーが一杯40円(800コロンビアペソ)くらいなので、雰囲気を気軽に楽しめますよー。
(メニュー表はないと言われ、みんなもコーヒーしか注文してないようでした。オーダーの選択肢がないのも渋すぎる!)

Comments(コメント・質問)

<ことのはの予約>
↓ 民泊サイトAirbnbより
↓または、ホームページの「宿泊予約フォーム」よりお申込みください。

<スポンサード リンク>

福岡に来るならスカイマーク!


面倒な会員登録をしないでホテルを予約しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。