クエンカの2つの巨大メルカドで朝食&買い物, Cuenca , Ecuador

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「エクアドル」で2015年2月19日に、私たちが体験したお話です。

2つの巨大メルカド

エクアドル・クエンカは世界遺産の都市ですが、特別有名な教会や博物館があるわけではありません。
しかし、比較的安全な街なので、一番の楽しみは「街歩き」になります!!
しかも、生活感が感じられるマーケットは外せません。

クエンカには巨大なマーケットが2つあるというので、早速訪れてみました。

Cuenca - 21mercado

Cuenca - 22mercado2
↑「8 de Agosto市場」

最初に訪れたのは、「8 de Agosto市場

2階建ての建物で、2階の半分のスペースが「食堂」です。つまり全体の四分の一のスペース使ってますね。
バーニョスの場合は、全体の半分が食堂でしたが、クエンカの方が規模が大きいので、「食堂」スペースも広いと思います。

Cuenca - 23mercado3
↑二階の食堂スペース

せっかくなので、Encebollados(エンセボージャドス)という、魚とタマネギのスープを頼みました。

Cuenca - 31food
↑Encebollados(エンセボージャドス) 1.75 USドル。安い!!

激安ですが、他のメニューもこんなかんじの値段設定です。

クエンカの街を歩いていると、観光客が入っているレストランはあっても、「現地の人」で埋まっているレストランがなくて、みんな外食しないのかな〜なんて思ってたのですが、「現地の人」はMercado(市場)で食事する人が多いようでした。

さすがに、2ヶ月以上中南米を旅行していると、「現地の人」が入る店はうまい!!ってことは分かりました。
なおかつ「観光客」も入っている店は「最強」だとも分かっております。

メルカドの食事は美味かったです!!法則に間違いはありません。それほど観光客はいなかったので、合う人と合わない人がいるかもしれませんが。。。

 

もう1つのメルカド「9 de Octubre市場」へ

Cuenca - 06mercado1
Cuenca - 07mercado2
↑「9 de Octubre市場」3階建て。

同じ宿にいた人は、「8 de Agosto市場」のほうが好きだと言ってましたが、確かに。。。
なんか「9 de Octubre市場」は活気が薄い気がします。。。

Cuenca - 08mercado3
↑バナナはエクアドル名産!

それにしても、エクアドルは果物たくさんです。赤道近いからですね。
特にバナナは有名。というわけで購入!
ちなみにバナナとプラタノっていうのがあって、自分のイメージだとプラタノのほうが「でかい」ってイメージです。

ちなみにプラタノは皮が固くて、「調理用」で、「生食」はしません。日本にないので違いが分かりませんでしたが、プラタノって、南米で定食食べたらだいたいプラタノが付いてくるので、その甘さはけっこうやみつきになりますね。

謎の民間療法

「9 de Octubre市場」の隣に、民芸品売り場があるのですが、そこで「謎の民間療法」のブースが。。。

Cuenca - 30medical
↑治療中

インディヘナのお婆さんが、薬草の束を患者にバタバタと叩き付けてます。上半身、顔も含めてバッシバシです。
しかも最後に度数の強そうなアルコールをおばあさんが口に含んで、体中にブハーッって吹きかけます。
それで終わり。患者さんちょっとフラフラです。
軽く酔っ払ってますね。

確かに、ちょっとした不調なら良くなりそうな気がします。笑
ユニークな治療ですね。

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)