6/9(土)私たちの「世界一周旅行」トークイベント@東京 開催!

フランスはサクランボの季節 , Le Grand Pressigny , France

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「フランス」で2015年6月16日に、私たちが体験したお話です。

サクランボの季節

今日もフランス、ル・グラン・プレシニーにいます。

お庭にサクランボの木があって、実がいい感じに熟してきたので、脚立を使って収穫しまーす!
普通サクランボはそのまま食べたり、ジャムにしたり、ケーキにしたりするみたいです。
木も一番高いところは二階建ての家より高いので、頑張っても届きません。

一番高い場所は陽当たりが良いので、見事にサクランボが熟するのですが、鳥さんたちのご馳走になります。
鳥になりたい。笑。

Le Grand Pressigny - 112pick1

さて手が届く場所は佳奈さんと協力してもぎ取ります!

私が脚立に登ってサクランボをゲットしますが、それでも届かない木の枝を佳奈さんが長い棒を使って、押し下げてアシストしてくれます。あと、脚立の上は葉っぱや枝が邪魔で、案外、肝心のサクランボが見えないので、在り方も佳奈さんが教えてくれます。

助け合いが肝心ですね。

あらかたもぎ取って、多分このボックス10個分くらいはゲットしましたよー。

Le Grand Pressigny - 113pick2

またまたおもしろ便利グッズ登場!

早速、採りたてのサクランボの下処理開始です!

ジャーン!
なんと「種取り機」の登場です!!

Le Grand Pressigny - 114pick3

 

こんなのがあるとは、サクランボはフランスではものすごいポピュラーなんだと実感しました。
以前の便利グッズに関する記事に書いたように、ホストの二人は専用グッズが大好きなんだなぁと思います。

サクランボをセットして、注射器みたいなバーを思い切り押すと、先端がサクランボを突き抜け、種だけ受け皿に落としていきます。
案外見事に種だけ狙い撃ちするんですよね。
押すたびにカタン、カタンって乾いた音を立てて、種が受け皿に落っこちるのが、なんだかかわいい。

一部の下処理が終わったサクランボは、ディナーの時にデザートとして出てきましたよー。

Le Grand Pressigny - 116sweet

うまいなぁ〜!
庭で採れるって、超贅沢だー!

将来はやはり、サクランボの木を庭に植えたいなぁと思いました。

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)