スリランカ・コロンボから、マレーシア・クアラルンプール(Kuala Lumpur)へ飛行機移動 , Colombo , Sri Lanka

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「スリランカ」で2015年10月27日に、私たちが体験したお話です。

AirAsiaのフライトについて

スリランカ・コロンボにいます。
今日は、飛行機でマレーシア・クアラルンプール(Kuala Lumpur)へ移動します。

Air Asiaを使って移動しますが、当初16:00発で、クアラルンプール現地時間22:00着予定だったのが、機体変更があって、23:00発の、翌朝5:20着に変更になってしまいました。

AirAsiaはマレーシアの格安航空会社ですが、どうやらこの手の時刻変更はけっこう頻繁にあるようです。低コストのための涙ぐましい努力?かもしれません。
私たちのような気楽な人たちなら全然OKですが、ビジネスでは使えませんねぇ。

一度AirAsiaは日本から撤退して、ANAとの合弁がまずかったとか色々言われていましたが、日本はプライベートでもビジネスでも時間に厳しいと思いますので、なかなか大変でしょう。

普通、国際線のカウンターは出発3時間前に開くのですが、AirAsiaは2時間半前に開きました。スリランカ便はそれほど頻度がないようで、カウンターがどこになるか、直前までどこになるか全く分からず。
ちょろちょろ、AiaAsiaのポロシャツを着た人が出てきたので、フライングぎみにカウンターに並びました。

中国系の乗り継ぎ者がいっぱい控えていたので、早めの行動は正しかったです。
ちなみに、チェックインはすでにWebで済ませていたので、プリントアウトした搭乗券を持って行きました。格安航空ではこのプリントを搭乗券として、搭乗時まで使用することが多いので、どこかでプリントしておいたほうがいいでしょう。スマホの画面でも代用できるとは思いますが。。。

なぜかカウンターで荷物預かりをしていたのは、「スリランカ航空」の従業員の方々。一瞬、カウンター間違ったかと思いましたが、そうではありません。
たぶん、自前の従業員を用意するほど、運航が頻繁では無いので、従業員をお借りしているんだと思います。

「マレーシアを出国するチケットはお持ちですか?」

おぉ、思ってもみなかった質問です。格安航空会社の従業員ならたぶんしない質問ですね。

一応タイ行きのチケットをすでに買っておいたので、問題ありませんでしたが、持っていなかったらかなり面倒になっていたでしょう。

この対応はスリランカ航空仕様ですかね?

他社の仕事を請けた場合、必要以上に丁寧な仕事っぷりになる場合があるので、スリランカからAirAsiaでマレーシアに向かう際はご注意したほうがいいと思います。
(ちなみに、搭乗口前の待合所に入る際も、なぜか荷物検査があるのですが、ここでも日本に戻りますか?みたいな質問されました。はい、戻りますと答えましたが、マレーシアってそんなに片道航空券での入国厳しいんですかねー。)

この旅行で一番豪華だったかもしれない、Priority Passが使えるラウンジ

今回もPriority Passを使って、ラウンジで休憩させてもらいました。

Colombo - 30lounge1
↑Priority Passが使えた、Lotus Lounge

Colombo - 31lounge2
↑広いです!

このコロンボの空港のラウンジは噂に聞く通り、超豪華ラウンジでした!!!

食べ物が本当に充実していて、しかもウマい!スリランカらしくスパイスを使った料理が多かったのですが、とにかく種類が豊富です。
フルーツやデザート類も充実していて、やっぱりスリランカのフルーツは美味しかったなぁと改めて感じることが出来ます。もしかしたら、この旅行で一番豪華なラウンジだったかもしれません。

 

Colombo - 32lounge3
↑興奮気味に料理をセレクトする佳奈さん。

Colombo - 33lounge4
↑フルーツやデザート類もいっぱい!

Colombo - 34lounge5
↑お皿にも美しく盛れるほどのバラエティです。

このラウンジは豪華な割に、混雑していないので、とてもお勧めします。


↓↓<旅人必須!!!>
楽天プレミアムカードを使えば、「無料」プライオリティパスが使えます!


搭乗口前で荷物検査が・・・・

出発前に搭乗口に向かうと、搭乗口前の待合室に入る所で、荷物検査が!

そういえば、普通はチェックインカウンター後に、厳しいセキュリティチェックがあるもんですが、コロンボの空港ではそれが緩くて大丈夫かなぁと思っていたら、どうやら搭乗口前で厳しく荷物検査をするみたいですね。

よく見ると、各搭乗口前に、エックス線の検査機が置かれています。めっちゃコストかかっている。。。

若干もったいない気もしますが、でも一番確実に安全を保てますね。

飛行機はほぼ時刻通りに出発して、翌朝5時(現地時間)には到着しました。時差があるので、実質4時間未満のフライトでした。
AirAsiaの座席間隔はかなり狭く(欧米系の格安航空はもっと広かったような。。アジア人の体格に合わせているのですかね。)、残念ながらあまり寝れませんでした。AirAsiaは昼間のフライトは十分大丈夫ですが、夜行はけっこうキツいと感じました。

何はともあれ、クアラルンプール楽しみます!

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)