商店街ベンチ・クラウドファンディング実施中!9/22(土)まで!

(Part I) So impressed!! Villages of Chamula and Zinacantán , San Cristóbal de las Casas, Mexico

So so impressed!! Esotericism of San Juan Chamula)

San Juan Chamula village is far from San Cristóbal de las Casas, taking 30 minutes by COLECTIVO.

San Cristobal - 31chamula1
↑Iglesia de San Juan Bautista

In the central area, there is the Iglesia de San Juan Bautista, which has green and white facade with cute decoration. On the plaza in front of the church, Maya people wearing traditional clothes sell vegetables or textiles. Every Sunday, there is a big market here.

San Cristobal - 30market
↑Plaza on weekday

Inside of the church is so amazing!!!(Entrance fee is 20 Mexico peso, and photograph is prohibited.)

When Spanish came here, they built the church for Christian missionary, however the local religion was alive together.
Inside, we can not see Christian Mass, but a kind of ‘Arcane.’ So surprised!!

Into the wonderful church!

 

When we entered from a small gate, we gradually could see the dark inside. On the floor, there was no chair, however instead of it, we could see a lot of green leaves of pine, covering all the tile floor.

Is it a catholic church? No?

Anyway, I don’t know any place like this.

Inside, pungent smell like pine tar and white smoke were full.They seemed to burn pine torches, so I felt lack of oxygen a little.

Walking inside little by little.

Almost believers wearing Maya traditional cloth directly sit on the floor and lit each candle and stand it on the floor. Floor is decorated by a myriad of candles, so we could not walk freely!
There were 7 or 8 groups of believers, consisting almost women and children.

At each group, a man like shaman was there, and he seemed to do a spell or listen the story of believers.
Actually I didn’t understand what he did, but clearly he was likely to be in different position from others.

With this view, I was already overwhelmed by the “out-of-the-ordinary”.
All motions of people looks slow and mysteriously,  I could not hear voices of other people.

When I thought ‘Why is it?’, I found the 8 beat of extremely monotonous rhythm of the accordion.
The conservative and gentle rhythm…
2 or 3 performance teams of men ,with accordion, flute and maraca, endlessly repeat the rhythm.

Such as the heart beating of the old man, it sounded gently and small.
When I listened the sound all the time, I felt as if I had been faith in this religion from the old days.
(Actually, I am not Christian nor This religion believer. )

Sound echoing from the world of prayers…

 

Evoking deep emotion, prayer space

Along the wall of the left and right of the church, as the only church likeness, statues of the great men of Christianity stand. In front of them, a myriad of candles are there.
I saw some men wearing white fur and some ones wearing black fur, who have a small bucket with burning pine charcoal. They sprinkled the smoke around the statues.

Anyway, inside of the church, a myriad of candles were shining, so I felt as if I was in the sea of light. And smokes…. It was also like above cloud.

 

When we went to the opposite side in the church, we turned around. We found some big white bands of light from high windows. These crossed with smokes inside, then inside the church was all white…..

The conservative and gentle rhythm of accordion…

Kana was moved so much and cried.

After stopping the performance, a man with a glass bottle came to each person, and handed some clear liquid to everyone.

Sure, I got it. However it was so so strong alcohol from corns.

When I drunk it, I was coughing a lot because it is too strong. Everybody around me laughed a lot. However My heart was warm and connected with their hearts a little.

Chamula has an aspect of so much Tourism, but I think this church is worth to visit.

I will recommend it!!

At Part II, I write about Zinacantán village and how to go to Chamula from San Cristóbal de las Casas.

【前編】感動のチャムラ村とシナカンタン村へ! , San Cristóbal de las Casas, Mexico

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「メキシコ」で2014年12月26日に、私たちが体験したお話です。

超感動のチャムラ村(San Juan Chamula)の秘教!

サンクリストバルからバス(コレクティーボという乗り合いバス)で30分くらい行った所に、
サン・ファン・チャムラ(San Juan Chamula)という村があります。

サンクリストバルの多くのツアー会社が村巡りのツアーを出していて、大体コースにはチャムラ村が含まれるほどのメジャースポットです!

San Cristobal - 31chamula1
↑サン ファン バウティスタ教会

中心地に、サン ファン バウティスタ教会(Iglesia de San Juan Bautista)という緑色の教会があって、その前の広場で、マヤの人々が民族衣装に身を包みながら、野菜や織物などを売っている光景がとても有名です。

行った日は平日でしたが、日曜日は大きな市が開催されるらしく、大勢の観光客で賑わうとか。。

San Cristobal - 30market
↑賑わう、教会前の広場

しかし、なによりも強烈なのは、サン ファン バウティスタ教会の「内部」です!!!!!
まず入り口で、一人20メキシコペソ(160円くらい、2014年現在)払います。なお教会内は「写真撮影NG」です。

ここは、スペイン人が来た際に、当然カトリックが布教されて、キリスト教の教会が建てられたわけです。

しかし、どういうわけか、土着のマヤの信仰が根強く残っていて、教会内で行われているのは、キリスト教のミサではなく、「秘儀」といったものに近く、目の当たりにするとあまりの不思議さに驚愕します!

写真NGなので、文章で実況解説してみますね!

 

驚愕の教会内に潜入!

 

 

狭い入り口を入ると、薄暗い教会内がじわりと見えてきます。天井までは10メートルくらいあるでしょうか、教会にしては小さめで、床には一切椅子がなく、タイルの上に緑色の松の葉がびっしりと敷き詰められています。

カトリックの教会のはずなのに、全然教会の要素が感じれらません!

これはどういうことだろう!?

内部は松ヤニのような、鼻にツンとくるような香りと白い煙が充満しています。松明を焚いているようで、少し息苦しくなる感があります。

入り口から中に徐々に足を進めていきます。

マヤの民族衣装を着た、多くの信者は、所狭しとその松の葉の上に座り込んで、キャンドル一本一本に火を灯し、床の上に立てていました。床は無数のキャンドルに彩られ、歩く場所もないほど!床に座り込んでいる人はほとんど女性か子供で、7、8組ぐらいあるでしょうか。

それぞれのグループには呪術師のような男の人が一人いて、まじないをしているのか、信者の話を聞いているのかはわかりませんが、明らかに立場が違っていそうでした。

 

この光景だけでも、すでにその「異様さ」に圧倒されます。すべての人の動きがスローモーションのように見え、不思議と人の話し声も聞こえません。

なんでだろう?と不思議に思っていると、ふと、アコーディオンの8拍子の至極単調なリズムが背景音のようにファ〜ン、ファ〜ン、ファ〜ンと流れているのに気付きました。よく見ると、アコーディオンの他にも縦笛、マラカスのような楽器を持った、男性の演奏隊が2、3組いて、そのリズムを延々と繰り返しています。

まるで、老人の心臓の鼓動のような、緩やかな音が小さく響いています。この音をずっと聞いていると、キリスト教徒でもマヤの伝統宗教の信者でもない私でも、昔からこの宗教を信仰してきたかのような気分になってきます。。。祈りの世界から響く音ですね。。。

 

感動を呼び起こす、祈りの空間

教会の左右の壁沿いには、唯一の教会らしさとして、キリスト教の偉人たちの像がズラッと並んでいます。その前の机の上には、無数のキャンドルが並び、小さな炎を燻らせていました。

何人かの黒い動物の毛皮をまとった人と白い毛皮をまとった人が、松の炭の入った、小さなバケツを手に持って、煙を像の周りに焚き付けて周っているのが目に入りました。

とにかく、教会中にキャンドルの炎がキラキラと輝き、光の海の中にいるような気分になります。

さらに床に敷き詰めた緑の松の葉の香りと、焚き付けた松の炭からモクモクと立ち上る煙に教会が満たされて、雲の中に佇んでいるかのようです。

神様が近くにいるような気がします・・・

 

ずいぶん奥に足を進めた後に、ふと後ろを振り向くと、教会の高窓から、白い幾筋もの大きな光の束が降り注ぎ、松の炭からの煙と入り交じりつつ、教会内を真っ白に染めていました

アコーディオンの音が相変わらず、ファ〜ン、ファ〜ン、ファ〜ンと鳴り響いています。

佳奈さんはこの時、感極まって泣き出してしまいました。。。

演奏が止みました。すると、リーダーらしき人が、ガラスボトルから透明な液体を小さなグラスに注いで、みんなに手渡ししています。私と目が合い「飲むか?」みたいな顔をされたので、「Si(はい)」とだけ言うと、グラスにその透明な液体を並々と注いで手渡されました。

一瞬水かと思いましたが、かなり強いトウモロコシのお酒でした。

それを飲んで、その場にいると、完全に儀式に参加した気分です。
思いっきり原液で、時々むせながら飲むと、現地の人たちにゲラゲラ笑われましたが、ちょっとだけ彼らと気持ちがつながったような気がしました。

チャムラ村自体は観光地化した側面もありますが、この教会だけのために訪れる価値があると思います!サンクリストバルに行く方はぜひ!

シナカンタン村のレポート、サンクリストバルからチャムラ村への行き方は次回の「後編」に書きます!

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)