1/14 グアテマラ名物「ペピアン」を作ってみる!, Antigua, Guatemala

Antigua - 84pepian1

<スポンサード リンク>

■グアテマラの郷土料理「ペピアン」

グアテマラには、野菜やお肉を独特の香辛料で煮込む、シチューのような料理「ペピアンPepián」があります!
チレパサ(Chile pasa)という、あんまり辛くない(と現地の人は言う)乾燥唐辛子を使います。
それが「香り」の決め手になるらしいのですが、この唐辛子は中米以外ではあまりメジャーではないようで、オリジナリティがあります。

リアルに作ると、ものすごく手間がかかるらしいし、お店で食べようと思うと、めちゃくちゃ高いので、スーパーマーケットで売っている「ペピアンの素」を使って、作ってみることにしました!

Antigua - 84pepian1
↑「ペピアンの素」見た感じめっちゃうまそうです!

 

■材料探しが大変。。。

しかし、スペイン語で材料を探すのが大変なのと、たまたま今日はメルカド(市場)が賑わう日ではなかった(賑わう日は、月、木、土のみ、今日は水曜でした。。)ため、鶏肉など安くて良い食材にも巡り会わず。。。

<スポンサード リンク>

というわけで、以下の材料で作ってみました。
トマト、いんげん、じゃがいも、にんじん、にんにく、ごまとハム!あとキャベツ。

本当は鶏肉、たまねぎ、現地の香草も加えるといいみたいです。キャベツはたぶん本来使わないと思います。笑
あとはこれらを煮込んで、胡椒で味を調えて完成です!

Antigua - 85pepian2
↑自作「ペピアン」

ふふふふふ。
食べてみると、案外うまく出来ている。笑。うまい!
ただ、本物を食べたことがないので、本物とどれだけ異なっているかは不明ですが。。。

見た目はシチューのようですが、スープは甘みがあって、クローブのような「乾燥させたつぼみ」のような深い香りがあります。
たぶん、チレパサの香りに由来していると思います。

にんにくとごまが効いています。(現地の人の普段の料理ではどちらもあまり使わないようです。。)
かなり独特の風味で、まず日本では味わえません。

なんだか、本物も食べたくなりました。笑

 

<ことのはの予約>
↓ 民泊サイトAirbnbより
↓または、ホームページの「宿泊予約フォーム」よりお申込みください。

<スポンサード リンク>

福岡に来るならスカイマーク!


面倒な会員登録をしないでホテルを予約しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。