ブダペストからブルガリア・ソフィア(Sofia)へバス移動 , Budapest , Hungary

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「ハンガリー」で2015年8月9日に、私たちが体験したお話です。

セルビアを一気に抜け、ブルガリアまで!

今日は超満喫したハンガリーを離れ、ブルガリアの首都ソフィア(Sofia)を目指します。

トルコへ向かう予定なので、通り道のブルガリアも楽しむ予定です!
ちなみにバスは23:30発で、「エコラインズ(Ecolines)」という国際バスです。(46.2ユーロ、学割)
どうやらバルト三国やドイツあたりをメインに走っているバスのようです。

ちなみにバスターミナルもマイナーな「Népliget」です。メトロ駅直通なので、便利といえば便利かもしれません。

Budapest - 64terminal
↑Népligetのバスターミナル。

かなり面倒だったバス

欧米のバスはそれなりに時間通りなので油断してましたが、エコラインズはちょっと注意が必要でした。
23時頃、ハンガリー人のピーテルくんにバスターミナルまで送ってもらいました。本当に最後の最後までありがとう!
さて、バスターミナルに着いて、乗り場を確認しようとしたのですが、何も情報なし!

「本当にここで当っているのか?」と思い、ピーテルくんに手伝ってもらって、窓口は全て閉まっていたので、保安室のおばちゃんに聞いてもらったのですが、どうやらエコラインズは管轄外で、ターミナルすぐ外の道路に停車するとのことです。

Budapest - 65busstop
↑バスターミナルの外のバス停に停まるらしい。。。

どうやらかなり格安のバス会社みたいで、どこか(チェコかオーストリアかも)からブルガリアを目指すのですが、途中寄る駅はターミナル使用料を省くために、ターミナルは使わないみたいです。。。

確かに、ネット予約時にもらったPDFには、バス停の案内図がありましたが、バスターミナルのちょっと外側ですね。笑。分かりにくい。

でもご丁寧に座標が書いてあったので、地図アプリで座標打ち込むと、ピンポイントで場所が分かりますよ!

乗車時刻の23:30を過ぎてもまだバスが来ないので、見送りの野中さんとピーテル君にはお別れをして、しばらく待つことに。
でも待っても待っても全然来ません。

がーん。人も全然いないし。バスの情報どこでも分からないし。。。

でも待っていると、ちらほら人が集まってきます。
どうやら彼らもブルガリア行きみたいです。
彼らはバスが遅れるのを知っていたみたいです。
よく、予約表を確認すると、「バスの正確な到着時刻を知りたい場合はSMSを以下のアドレスに送って下さい」の文字を発見!
実は、この会社、バスの到着時刻をメッセージで教えてくれるサービスがあるようです。

ネットに繋がってないと使えませんが。。。

しかく、結局1時間以上遅れて、0時50分くらいにバスが来ました。
ふー。

Budapest - 66bus
↑めっちゃ遅れてきたものの、2階建て・席にモニター付きの立派なバス。

女性の世話係の人がいて、細かく英語で色々説明してくれます。小まめに掃除してくれたりして、待遇はめっちゃ良かったです!

入出国について

バスはセルビア国境とブルガリア国境を越える必要があるので、出国・入国、出国・入国のチェックがあります。
けっこうヘビーだなぁ。

ねむねむだったのであいまいですが、ハンガリー/セルビア国境では、出国・入国は、係員が乗り込んでチェックしてくれたように思います。
そして、セルビア/ブルガリア国境では、出国は係員が乗り込んできたと思いますが、入国では一旦バスを降りてチェックしてもらったような気がします。

基本的にそれほど大きな問題はありませんが、それぞれ30分近く結局かかるので、やはり待つのはけっこう骨が折れます。
なにげにセルビアから出る際のチェックは厳しめのようです。(日本人にはあまり関係ないと思いますが。。。)

先日、セルビアからブダペストに鉄道で戻った際は、係員のおじさんはめっちゃ真剣にパスポートと私の顔写真を見比べていましたし、行商のおばさんは妙にそわそわしていました。笑。セルビアで仕入れたものをハンガリーで売るんでしょうが、たぶん見つかったら没収されるようなものもあったのかなー。

国境越えの時はそれぞれの国の立ち位置が分かって面白いです。。。

結局ブルガリアの首都ソフィアに着いたのは、15:30過ぎ。(ちなみに時差があるので、ハンガリー時間なら14:30頃)
本当はブルガリア時間の12時前後に着くはずでしたが、長い旅でした。

Sofia - 1terminal
↑ソフィアのバスターミナル。

さて、ソフィアは一気に観光するつもりです!

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)