「蒸気機関車でマナカ・イスナガへ」トリニダー郊外への小旅行(Part 1)

今日も素晴らしい一日を!
福岡県糸島市で、ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。
記事をご覧くださり、本当にありがとうございます!

2020年キューバ旅行記

この文章は2020年1月15日〜1月30日に、のぎー&かなが糸島を飛び出し、中米・キューバを旅行した時の記録です。
私たちは2015年にも、1年間で23ヵ国93都市を巡る「世界一周旅行」を経験しました!
みなさまの旅のご参考になれば幸いです。

世界遺産の街トリニダー(Trinidad)はかつてサトウキビ貿易の中心地として栄ていました。
郊外の「ロス・インヘニオス渓谷(Valle de los Ingenios)」にはかつてのサトウキビプランテーションの名残が見られ、貴重な歴史を伝える場所として世界遺産に登録されています。
トリニダーの鉄道駅から1日に1回、観光用の蒸気機関車が出ていて、とても人気があります!
マナカ・イスナガ(Manaca Iznaga)など、ロス・インヘニオス渓谷の名所を回って、約半日でトリニダーに戻ってこれるので、数日間トリニダーに滞在する場合はぜひオススメしたいツアーになっています。

この記事では、まずは、蒸気機関車ツアーの行程と、マナカ・イスナガの滞在の様子をお伝えします。
合わせて巡る、サトウキビ工場跡やグアチナンゴについて知りたい方は以下のリンク先をご参照ください。

「蒸気機関車でサトウキビ工場跡へ」トリニダー郊外への小旅行(Part 2) 「蒸気機関車でグアチナンゴへ」トリニダー郊外への小旅行(Part 3)

蒸気機関車の行程

トリニダー駅
蒸気機関車ツアーの行程説明
蒸気機関車ツアーの行程説明

トリニダー駅に蒸気機関車ツアーの行程説明が書かれた紙が貼られていますが、まぁまぁ意味不明。笑。
地球の歩き方2020やネット上のブログに書かれている内容と、上記の行程説明がなんだか異なっていて、どんなツアーなのか分かりません。

そこで、私たちが実際に体験した行程をまず以下にご紹介したいと思います。

9:30 トリニダー駅を出発→マナカイスナガへ!

蒸気機関車で最初の目的地「マナカ・イスナガ」へ向かいます。

10:25 – 11:05 マナカ・イスナガ見学

マナカ・イスナガの街を見学します。
蒸気機関車の停車はたったの40分。次の場所へ行くことなく、マナカ・イスナガで食事や買い物をしてゆっくりと過ごし、帰りの蒸気機関車(14:15頃)でトリニダーに戻るのも可能です。

11:05 マナカ・イスナガ駅出発→FNTAサトウキビ加工場跡(博物館)へ!

マナカ・イスナガ駅を出発して、今度は巨大なサトウキビ加工場跡地へ向かいます。

11:30 – 12:00 FNTAサトウキビ加工場跡(博物館)見学

工場は巨大で、あまりの大きさに小人になった気分になれます。
現在は稼働しておらず、博物館として機能しております。
30分ほど見学時間があります。

12:00 FNTAサトウキビ加工場跡(博物館)→グアチナンゴへ!

グアチナンゴ(Guachinango)という小さな村へ移動します。
お昼休憩です。

12:30 – 14:00 グアチナンゴで昼食

グアチナンゴにはたった2軒しか飲食店がありません。
というか、基本他に民家もないので、食事をするためだけに立ち寄るスポットです。
日本の格安バスツアーのようで笑えますが、1つは観光客向けの高級レストラン、もう1つは民家併設の食堂。
私たちは運よく食堂のオーナーに声かけられたので、そこでコーヒーを飲みましたが、間違いなくキューバで飲んだコーヒーの中で最高に美味しいカフェでした。
コーヒー豆を栽培しているお家だったので、正真正銘の自家製のコーヒーでした!
食堂では食事も提供しておられます。

14:00 グアチナンゴ→マナカ・イスナガへ!

トリニダーへ向けて戻ります。
まずは途中のマナカ・イスナガへ。

14:15 マナカ・イスナガ → トリニダーへ!

マナカ・イスナガで、そこにずっといた観光客をピックアップして、トリニダーへ戻ります。
マナカ・イスナガでずっと時間を過ごしていた人は、この戻りの蒸気機関車を逃さないように注意しましょう!

15:10 トリニダー到着!

約半日のツアーが終わりました!
とても満足のツアーでした!

蒸気機関車ツアーチケットの買い方

トリニダー駅舎
トリニダー駅舎

チケットはトリニダー駅舎で販売されています。
事前購入は必要ないと思いますが、9:10に販売が開始されると列になるので、少し早めに行くのが良いと思います。
蒸気機関車の往復15CUCです。

チケット購入者の列
チケット購入者の列
プラットフォーム
プラットフォーム

完全な観光列車なので、基本観光客しか乗りません。
ツアー会社経由で蒸気機関車に乗る人も多いので、思った以上に人がいっぱいになります。

チケット
チケット

チケットは蒸気機関車内で回収されるので無くさないようにご注意ください。

さぁ、ツアーへ出かけましょう!


「マナカ・イスナガ」の注目ポイント・魅力

注目ポイント・魅力を列記します!

注目ポイント1:超レトロな蒸気機関車で出発!

蒸気機関車
蒸気機関車

蒸気機関車は1906年のアメリカ製です。
強そうな面構えですよねー。

座席もレトロ
座席もレトロ

鉄製の座席もレトロで可愛いです。

ギター弾きも登場

列車内にはギター弾きも乗り込み、陽気なツアーが始まります!

注目ポイント2:都市から田園風景の移り変わり

蒸気機関車はゆっくりとしたスピードで進んでいきます。
すぐに都市から田園風景に移り変わります。

列車内から見た田園風景
列車内から見た田園風景

キューバは観光地として注目を集め始めたばかりなので、情報が少なく都市中心の観光になりがちです。
久しぶりに排気ガスのない、自然の中に滞在するのはやっぱり気持ちいいですね!

風景はどんどん移り変わります。

マンゴーのプランテーションと思われる
サトウキビ畑
サトウキビ畑
サトウキビ
サトウキビ

蒸気機関車のそばをゆっくり通り過ぎていく、牧草地の牛さんたちや、民家やサトウキビ畑・・・

のどかです・・・

タクシーに乗ってマナカ・イスナガに行く手段もありますが、もし時間に余裕があればぜひ蒸気機関車でゆっくり向かうのをオススメしたいです。

機関車内のドリンクバー
機関車内のドリンクバー

機関車内にはドリンクバーがあって、みんなモヒートを飲んでいました。

注目ポイント3:マナカ・イスナガの監視塔に登る!

約1時間でマナカ・イスナガに到着します。

徐々に見えてくる監視塔
徐々に見えてくる監視塔

のどかな田園風景がずっと続いていたので、人工的な塔がスッと見えてくる光景は若干の異様さを感じます。
機関車内でも人がざわつき始めました。

かつてはサトウキビ畑で働く労働者をこの塔から見張っていたと言います。

マナカ・イスナガの塔
マナカ・イスナガの塔

マナカ・イスナガの塔はなんと7階建て!!
184段の階段を登る必要があります。

ちなみにイスナガ家はサトウキビ畑の大農園主です!

ファゴッティング
ファゴッティング

塔に向かう道沿いには多くのファゴッティング(刺繍)の露店があります。
時間があればショッピングを楽しむのもいいですが、次の場所へ蒸気機関車で向かいたい人にとっては、停車時間はたった40分しかないので、イスナガの塔に登って降りるだけでも時間を使い切ってしまいます。

塔へ登ります
塔へ登ります

塔への入場料は1CUCです。
足元で支払って登ります。

相当急な階段なので、足腰が弱い方は無理しない方がいいと思います。

さすが7階建て
登っても登ってもまだ階段があります。笑。

ようやく頂上にたどり着いたら絶景が待っていました!

塔からの絶景
塔からの絶景
違う角度で眺める
違う角度で眺める

遠くに見えるのは原生林でしょうか。
軽いジャングルのようですね。
サトウキビのプランテーションが広がる前の景色のように感じられます。

農場では数千人のアフリカから連れてこられた人たちが働かされていたといいます。
そしてこの塔から働きぶりを監視されていました。

農場を監視
農場を監視

今となってはサトウキビ生産の国際競争が激化して、ここからはイスナガ家もいなくなり、サトウキビ畑もなくなり、奴隷制度も撤廃されましたが、7階建ての塔だけは残ったわけです・・・

そしてその塔が観光客を呼び寄せるとは不思議な運命ですね。

注目ポイント4:搾りたてのサトウキビジュース

塔に登った後はまぁまぁ疲れていますので(笑)、フレッシュなサトウキビジュースを味わいましょう!

EL GUARAPO
EL GUARAPO

マナカ・イスナガ駅の目の前に「エル・グアラポ(EL GUARAPO)」というお店があります。
JUGO DE CAÑAとはサトウキビジュースのことです。

目の前でジュースを絞ってくれます。
目の前でジュースを絞ってくれます。
サトウキビジュース
サトウキビジュース

サトウキビジュースはサトウキビのスティック付きで1CUCです。

うまい!
うまい!

飲んでびっくり!
うまい!

2015年に世界一周旅行中に世界各地でサトウキビジュースを飲んだ気がしますが、マナカ・イスナガで飲んだのが一番美味いと思いました。

なぜならとても甘い
思わず店員さんに「このサトウキビジュースに砂糖は入ってないのか?」って聞いてしまいました。笑。
サトウキビから砂糖が作られるわけですから、ものすごく変な質問です。
もちろん!100%ナチュラルなサトウキビジュースだ!」との答え。

この突き抜けた天然の甘さにはびっくりしました。
かつて世界市場で35%以上のシェアを誇っただけあると思いました。

さて、マナカ・イスナガを後にして、また蒸気機関車に揺られながらサトウキビ工場跡に向かいます。

「マナカ・イスナガ」を訪れた感想

訪れて感じた個人的な感想を記したいと思います。
人によって目的・感じ方は多様ですので、下記の個人的な感想に関わらず、興味を持たれた場合は、訪問するのをぜひおすすめします!

個人的な感想

マナカ・イスナガ(Manaca Iznaga)の塔は、トリニダーに数日間滞在するならばぜひ訪れて欲しいスポットです。
半日でトリニダーに帰ってこれますし、蒸気機関車での旅もとても楽しいです!

ツアーの様子を動画にまとめましたので、ぜひご参考ください。

観光名所情報

(※2020年1月現在の情報です)
名称:マナカ・イスナガの塔(Torre de Manaca Iznaga)
入場可能時間:9:00〜18:00
定休日:無休
料金:1CUC
HP:不明
住所:Calle G. Mancaca Iznaga, Trinidad
地図:
「蒸気機関車でサトウキビ工場跡へ」トリニダー郊外への小旅行(Part 2) 「蒸気機関車でグアチナンゴへ」トリニダー郊外への小旅行(Part 3)
キューバ旅行の参考情報

上記の「キューバ」情報は参考になりましたでしょうか?

その他の情報は以下のリンク先をご参考ください。
trinidadcenter-1キューバ「トリニダー」のおすすめ観光ガイド

それでは良い旅を!
機会があればぜひ、福岡・糸島にも遊びに来てくださいね!

「癒し」と「わくわく」の糸島でお待ちしております!

**糸島観光&移住の相談ができる宿**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
Itoshima Guesthouse Kotonoha
↓↓
糸島宿泊について調べる

お気軽な質問はコチラへ!
→LINE ID:@ikotonoha