商店街ベンチ・クラウドファンディング実施中!9/22(土)まで!

ウユニからコチャバンバ(Cochabamba)へ鉄道+バス移動, Uyuni , Bolivia

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「ボリビア」で2015年3月14日に、私たちが体験したお話です。

ボリビアの移動は大変!

ウユニの壮大な光景を後にして、次の街に向かうことにします。

サマイパタ(Samaipata)という街に日本人の移住者が居たり、欧米からの移住者もけっこういて、ユニークだと聞いていたので、サマイパタに行きたいのですが、ウユニからは直接は行けません。

まずはオルーロまで鉄道で戻って、そこからバスでコチャバンバ(Cochabamba)まで。コチャバンバからサンタクルス(Santa Cruz)までまたバス。サンタクルスからサマイパタまで乗り合いタクシーという「怒濤」の移動が必要なのです。

さすがに1日では移動は出来ないので、コチャバンバで一休みしてから、サマイパタを目指そうと思います。

普通、日本人旅行者はウユニとラパスでボリビアは終わりですが、その理由がよく分かります。笑

どんどんインフラ整備が進んでいるようですが、まだ大雨降ると橋が落ちたり、通行止めになったりとなかなかボリビアの道は大変です。

 

またまた鉄道でオルーロへ

土曜日の深夜0時過ぎ(つまりは日曜)を出発した電車は、朝の7時過ぎにはオルーロに着きます。(サロン席で60ボリビアーノ、1200円くらい)

けっこう雨が降っていたからか、30分以上遅れて、ウユニのホームに電車はやってきました。土曜日からか、ほぼ満席でした。

Uyuni - 13train
↑オルーロ行きの列車。行きと同じ車両でしたー。

無事7時過ぎにオルーロの鉄道駅に到着し、またタクシーでバスターミナルに向かいます。
(10〜15ボリビアーノくらい)

今度はバスでコチャバンバへ

オルーロ – コチャバンバ間はバスで4時間半くらいの距離なので、けっこう頻繁にバスが出ています。
私たちは「CORAL S.R.L」社のバスを利用しました。(1人25ボリビアーノ)

Uyuni - 14bus
↑バス会社のブース。他にもいっぱいコチャバンバ行きありましたよー。

ターミナル使用料は1.5ボリビアーノです。

この区間は道が整備されているので、けっこう快適です。
ただ、コチャバンバは標高が低いので、かなり暑くなってきます

真冬にウユニから来ると、急に夏になったような気分です。

コチャバンバはボリビア第三の都市なので、けっこう都会です。
食事や食材がおいしくて有名なのでけっこう楽しみです。

コチャバンバではのんびりすることが目的なので、観光もせず、一気にホステルを目指します。

実は目指すホステルはコチャバンバの郊外にあって、セントラルからタクシーで「20分」はかかります。笑
トリップアドバイザーのコメントでも「南米No.1」とか「ボリビアで一番の宿だった」などのコメントがたくさんあってとても楽しみなのです。

でもコチャバンバでもマニアックなのに、このホステルを目指す日本人はほとんどいないかもしれません。(→ホステルくつろぎ日記もチェック!)

さー、のんびりするぞー!

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)