キューバ「サンティアゴ・デ・クーバ」のおすすめ観光ガイド

santiagodecuba - 1

今日も素晴らしい一日を!
福岡県糸島市で、ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。
記事をご覧くださり、本当にありがとうございます!

2020年キューバ旅行記

この文章は2020年1月15日〜1月30日に、のぎー&かなが糸島を飛び出し、中米キューバを旅行した時の記録です。
私たちは2015年にも、1年間で23ヵ国93都市を巡る「世界一周旅行」を経験しました!
みなさまの旅のご参考になれば幸いです。

「サンティアゴ・デ・クーバ」という街

街の特色

サンティアゴ・デ・クーバ(Santiago de Cuba)は、キューバ島の東端に位置する、キューバ第二の都市です。

キューバにとっても、世界にとっても特別な街の一つで、「ソン」と呼ばれる音楽の発祥地です。
ソンは「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」という映画で世界的に知られています。

現代音楽の原型の1つとなっていて、社交ダンスのルンバやチャチャチャ、マンボ、ラテンジャズ、サルサなどの源流であり、何と日本の歌謡曲もほとんど「ソン」と言っていいくらい影響を受けています
サンティアゴ・デ・クーバは現在でも音楽が盛んで、とても誇りを持っています。

また、「キューバ革命」の発祥地でもあり、フィデル・カストロが仲間とともに、革命の端緒となった「モンカダ兵営」襲撃事件を起こしました。
カストロは死後、サンティアゴ・デ・クーバにある「サンタ・エフィヘニア墓地」に埋葬されています。

音楽と歴史の街をぜひ楽しみましょう!

  • 人口・・・43万人
  • 面積・・・1,032k㎡
  • 標高・・・82m

地理・アクセス方法

サンティアゴ・デ・クーバは首都ハバナから約870km離れていて、長距離バスか飛行機でアクセスします。
長距離バスならば、約15時間半かかります。

注目すべき、「サンティアゴ・デ・クーバ」の魅力

私たちが滞在中に感じた魅力を3つに分けてご紹介します!


魅力その1「音楽」

サンティアゴ・デ・クーバは世界的にも音楽の発信地として有名です。
毎日のようにライブハウスで演奏が行われていますし、週末の夜は公園にて野外ライブも開催され、音楽が好きな人にとっては天国のような街です。

街の人もとても誇りに思っています。
いくつかのライブハウスは観光客にもとても行きやすいので、ぜひお出かけください。

カサ・デ・ラ・トローバ(Casa de La Trova)

カサ・デ・ラ・トローバ(Casa de La Trova)は、古くからあるライブハウスで、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブで有名になったエリアデス・オチョアやコンパイ・セグンドを輩出したお店としても有名です。

詳細は以下の記事をご参照ください。

「カサ・デ・ラ・トローバ(Casa de La Trova)」歴史と伝統のライブハウス

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのDVDはコチラ↓

カサ・デ・ラス・トラディシオネス(Casa de Las Tradiciones)

tradiciones

「カサ・デ・ラス・トラディシオネス(Casa de Las Tradiciones)」は住宅街の中にある小さなライブハウスです。
観光客は少なく、地元の人たちで盛り上がっています。

詳細は以下の記事をご参照ください。

「カサ・デ・ラス・トラディシオネス(Casa de Las Tradiciones)」超ローカルなライブハウス

週末の野外ルンバイベント@マルテ広場

rumba

地元民が集うマルテ広場では、週末(金曜・土曜)は「ルンバ」と呼ばれるアフロキューバン音楽のイベントが開かれています。
アフリカにルーツを持つ「ルンバ」はキューバに連れてこられたアフリカ系の人たちにとってはとても特別な音楽。
そのテンションの上がりっぷりにびっくりします。

詳細は以下の記事をご参照ください。

「土曜の野外ルンバイベント」@マルテ広場

キューバ国際ジャズフェスティバル

jazzplaza

例年1月の中旬に1週間に渡って開催されるラテンジャズフェスティバル。
正式名称は「Jazz Plaza」
世界中からジャズアーティストがサンティアゴ・デ・クーバにやってきます。

詳細は以下の記事をご参照ください。

jazzplaza「キューバ国際ジャズフェスティバル」in サンティアゴ・デ・クーバ

魅力その2「カストロゆかりの地」

サンティアゴ・デ・クーバはフィデル・カストロの生まれ故郷「ビラン」からほど近い大都会。
カストロが一時期通った学校があったり、キューバ革命の発端となったりした地でもあります。
革命の足跡を辿る旅もまた面白いと思います。

7月26日モンカダ兵営博物館

キューバ革命の発端となったモンカダ兵営襲撃事件
1953年7月26日に、カストロの革命軍が政権側の兵営を襲った事件は失敗に終わります。
数年の時を経て、キューバ革命は成功しますが、端緒であり多くの犠牲を払ったモンカダ兵営はキューバにとって重要な場所です。

詳細は以下の記事をご参照ください。

「7月26日モンカダ兵営博物館」キューバ革命の発端を感じる!

セスペデス広場

セスペデス

サンティアゴ・デ・クーバの中心ともなる美しい広場です。
周囲には市庁舎やカテドラルなどの歴史的建築が立ち並んでいる観光の名所です。
フィデル・カストロは、1959年のキューバ革命の成功直後に、市庁舎のテラスから最初の勝利宣言を行っています。

詳細は以下の記事をご参照ください。

セスペデス「セスペデス広場」キューバ革命成功後、最初の演説の場!

サンタ・イフィへニア墓地

サンティアゴ・デ・クーバの鉄道駅・バスターミナルのすぐ近くに、サンタ・イフィへニア墓地があります。
フィデル・カストロは死後、遺言通りにサンタ・イフィへニア墓地に埋葬されています。
ここには、キューバ独立運動の父と呼ばれるホセ・マルティのお墓もあります。
カストロが敬愛し、ハバナの国際空港もホセ・マルティ空港と名付けられているくらいにキューバでは英雄です。
他にもブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブで有名になったコンパイ・セグンドのお墓もあり、見所十分です!

詳細は以下の記事をご参照ください。

「サンタ・イフィへニア墓地」フィデル・カストロが眠る墓地

魅力その3「キューバ食」

キューバは観光客にとって外食がとても難しい国です。

地元民は食事よりファッションやスマートフォンなどを優先してお金を費やす傾向があります。
なおアメリカの経済封鎖やなかなか海外には行けないキューバの政策の影響もあり、食文化の発展も遅れています。
そして2010年にプライベートビジネスが一部解禁されてから、急激に増えたピザ屋さんに現地の人は集まります。(観光客はキューバに来てまで毎日ピザを食べたい訳ではない。笑)

でも、探せば美味しくてリーズナブルなキューバ料理を出すお店はあります!
私たちが歩き回ってチェックしたお店の中から、おすすめのお店をご紹介しますね!

ラ・テラサ(La Terraza)

terraza-1

地球の歩き方でも紹介されているお店です。
基本ピザ屋ですが、ローカルフードもあって、地元民も観光客も利用しているリーズナブルなお店です。

詳細は以下の記事をご参照ください。

「ラ・テラサ」リーズナブルでお腹いっぱいのピッツェリア!

ショコラテリア・フラテルニダー(Chocolatería Fraternidad)

キューバ産のチョコレートを使ったアイスが楽しめるお店。
マルテ広場のすぐ脇にあります。
キューバではカカオはサンティアゴ・デ・クーバから近いバラコアで栽培されています。
素材そのものの味が感じられます。

詳細は以下の記事をご参照ください。

fraternidad-3「ショコラテリア・フラテルニダー」キューバ産カカオを使ったショコラテリア!

バー・カフェテリア エムカ(Bar-Cafeteria M’ka)

mka-1

私たちが、2週間のキューバ滞在中に最も満足したお店です。
ピザは食べていませんが、ハンバーガーなどの洋食系やキューバの伝統料理系はリーズナブルでボリュームもあって、しかも丁寧に作られていてとても美味しかったです。
店内は地元民と観光客で賑わっています。

詳細は以下の記事をご参照ください。

mka-1「バー・カフェテリア エムカ」24時間営業の便利で、食事がとても美味しいお店!

「サンティアゴ・デ・クーバ」のTIPS

両替

日本円からCUCに両替できる両替所(CADECA)がサンティアゴ・デ・クーバのメインストリート「ホセ・アントニオ・サコ(José Antonio Saco)通り」に1つあります!
「セラーノ公園(Parque Serrano)」より少し坂を登った場所です。
私たちが両替した時のレートは「1CUC=113.2円」くらいでした。
ちなみにハバナの空港が「1CUC=114.0円」、ハバナの街中のCADECAが「1CUC=112円」くらいでした。
ご参考までに!

なお、レートとしてはクレジットカードによるATMキャッシングの方がお得になる場合があります。
今回私たちはATM使っていませんが、欧米の観光客はATMからお金を引き出しているようでしたので、現金を持って行きたくない人はATMからキャッシングするのも良いと思います。

オススメは楽天のプレミアムカード
年会費は必要ですが、一部の空港ラウンジが使い放題の「Priority Pass」も無料で付いてくるので、旅をするにはとても便利です!

長距離バス

2020年現在、主に観光客用の長距離バスは以下の2種類。

(現地の人向けの安い長距離バスもあるようですが、乗った人を知らないです。)

サンティアゴ・デ・クーバにおいては、どちらも代理店がメインストリート「ホセ・アントニオ・サコ(José Antonio Saco)通り」沿いの「Iberostar San Félix Hotel」の中にあります。

Conectando Cubaのチケット販売所

Conectando Cubaの代理店「クバナカン(Cubanacan)」は1階にオフィスがあります。

クバナカンのオフィス
クバナカンのオフィス
Conectando Cubaの案内
Conectando Cubaの案内

サンティアゴ・デ・クーバでは、コネクタンドキューバはHotel Meliá Santiagoが発着の起点になります。バスターミナルではないのでご注意を!
このホテル利用者にはオススメの移動手段です。

なお、ハバナ⇔サンティアゴ・デ・クーバ間のコネクタンドキューバは、なんとランチ付です!

Viasurのチケット販売所

そしてViazurは2階に代理店があります。

Viasurは2階
Viasurは2階
Viasurの代理店
Viasurの代理店

Viazurはバスターミナルが発着の起点です。

Viazurはバスターミナルのチケット販売所でも予約が出来ます。

バスターミナル
バスターミナル
チケット販売所
チケット販売所

Viazurのバスターミナルは中心市街地から少し離れているので、行くのが面倒な場合は代理店で予約してもいいと思います。(*代理店の手数料の有無までは確認出来ておりません。)
なおViazurは、出発1時間前から乗車券の発券作業が行われるので、予約済でも一回バスターミナルのオフィスに寄る必要があります。(2020年現在、その際予約のコピーが必須!)

ViazurにしろConectando Cubaにしろ予約の際はパスポートが必要ですので、忘れないようにしてくださいね!

気をつける点

サンティアゴ・デ・クーバは、とにかくフレンドリーな人が多いのが特徴です。
公園で座っていると必ず誰かが話しかけてきます。
とても人懐っこいんですね。子供達も可愛いです。

しかし、このフレンドリーさが商売に出ると、なかなかしつこい。笑。
タクシーの誘いはどこ歩いていても声かけてくるし、人によっては諦めるまでかなり時間がかかる。
旅人にはインドやモロッコがそういう「しつこさ」で有名ですが、体感的にはサンティアゴ・デ・クーバが一番上でした。笑。

治安が良好で、比較的ゆるゆるした人が多いキューバでは、ついつい警戒心が緩みがちですが、サンティアゴ・デ・クーバでは慎重な心を常にキープしましょう!

「サンティアゴ・デ・クーバ」のまとめ

サンティアゴ・デ・クーバはキューバ第二の都市です。
山に囲まれた港湾都市という地理的な背景からか、独特の個性があり、「キューバ革命の端緒地」であり、「世界有数の音楽の都」でもあります。
またラム酒を世界に広めたバカルディ社の創業地という面もあります。

ハバナからも遠く、訪れる人はそこまで多くない印象ですが、訪れるとキューバの印象がガラッと変わるでしょう。
何かがここから始まる」のにふさわしいエネルギーとバイタリティが備わっています。


ぜひ旅の参考にして頂けると幸いです。

なお、これらの情報は2020年時点の話ですので、時が経つに連れ、情報が変わっている場合があります。
あくまで1つの情報として考えて頂ければと思います
様々な情報源を参考に、安全で楽しい旅を楽しまれてください。

おすすめ!旅の参考本

最後に私たちがおすすめする旅の参考本をご紹介します。

まずは「地球の歩き方」
定番ですが、簡単にWi-Fiが拾えないキューバでは重宝します。

また、「Amazing Cuba」もキューバに暮らした人独特の視点でスポットが紹介されているので、とても参考になりました。

そして、今回持っていけば良かったと思ったのが、「Lonely Planet」
「地球の歩き方」は他のカリブ海の島々も一緒に紹介されているため、実際に行ってみるとキューバ情報が少し少なく感じます。
その点、「Lonely Planet」は一冊まるごとキューバで、飲食店情報も豊富なのでとても参考になるはずです!

ぜひ参考にして、キューバ旅行を楽しんでください。

キューバ旅行の参考情報

上記の「キューバ」情報は参考になりましたでしょうか?

詳しい情報はそれぞれのリンク先をご参考ください。
カリブ海の島国「キューバ」のおすすめ観光ガイドまとめ&TIPS!
キューバ「ハバナ」のおすすめ観光ガイド
キューバ「バラデロ」のおすすめ観光ガイド
trinidadcenter-1キューバ「トリニダー」のおすすめ観光ガイド

それでは良い旅を!
機会があればぜひ、福岡・糸島にも遊びに来てくださいね!

「癒し」と「わくわく」の糸島でお待ちしております!

**糸島観光&移住の相談ができる宿**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
Itoshima Guesthouse Kotonoha
↓↓
糸島宿泊について調べる

お気軽な質問はコチラへ!
→LINE ID:@ikotonoha