今日も勉強!トウモロコシの収穫&にんにくの植え付け@ゆば農場  , Mirandópolis , Brazil

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「ブラジル」で2015年4月10日に、私たちが体験したお話です。

トウモロコシの収穫

ブラジル・ゆば農場に滞在しています。
今日は男性陣はトウモロコシの収穫です。

背丈より高く枝を伸ばした、トウモロコシ畑を分け入りながら、手でもぎっていきます。
片手でトウモロコシの根元を押さえながら、もう一方の手でトウモロコシをクルッと捻れば、案外簡単に収穫できます。

でも慣れるまでに時間がかかりましたし、手の握力がけっこうなくなります。
収穫は体力使いますね。。。

中米では、マヤ民族の人たちは「人間はトウモロコシの生まれ変わり」だと信じているくらい、トウモロコシはNo.1の存在ですが、南米に入ると、案外、お米を使った料理が多いので、トウモロコシを見ると、なんだかちょっと懐かしい気分です。(ちなみに南米でもトウモロコシは主食の一つです)

Milandópolis - 32corn
↑実がびっしり付いたトウモロコシ

実は病気に弱い!?にんにくの植え付け

女性陣はにんにくの植え付けでした。男性陣も途中からお手伝いです。
よく考えると、私たちがゆば農場に来てから、畑仕事で男女が一緒になるのは初めてかも。

milando-4-10-6garlic1
↑トラクターに揺られながら畑に向かいます。

 

milando-4-10-7garlic2
↑にんにくを一つずつ丁寧に植えていきます。

話によると、にんにくは病気に弱いようですね。

直射日光が当たると、土が乾燥してにんにくがダメになるし、ある程度の湿度も必要とのこと。
だから、ワラで覆っていきます。少なすぎてもダメ、多すぎてもダメ!

milando-4-10-8garlic3
↑きれいにワラで覆われました!!

にんにくといえば、ドラキュラが逃げていくほど強烈なものだと思っていたので、繊細さにびっくりしました。

それにしても、農家はワラけっこう使いますね〜。そう考えると、お米も同時に栽培していたほうが、一石二鳥です。
育てる品種にも関連性があって面白いです。

やっぱり、実際に作業してみると、色々分かることがあります。

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)