マンゴージャム&ラーメン作り@ゆば農場  , Mirandópolis , Brazil

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「ブラジル」で2015年4月9日に、私たちが体験したお話です。

何でも手作り!

ブラジル・ゆば農場に滞在しています。
ゆば農場で食べるものの多くは、基本的に手作りです。

朝・昼・夜の食事のほかに間食のおやつなども。
もちろん、ジャムだって手作りです。

今日はマンゴージャムを作るので、佳奈さんがお手伝いです。

milando-4-9-2cooking
↑薪を燃やしながら、ジャムを混ぜ続けます。

かなり暑いです。笑
水分が飛ぶまで、じっくりじっくり混ぜ続けるのですが、人間の水分もなくなりそうです。
火の強さも調整しながらだから、けっこう気が抜けませんね。

milando-4-9-1
↑かなり大量です。ちなみに右奥はラーメン用のとんこつスープ。

 

ちなみに朝食用に自家製パンがいつもありますが、マンゴージャムを塗ると超おいしいです!毎朝、パンを炭火でトーストして、ジャム塗って食べるのが至福のひと時です。

さて、ジャム作りですが、なんと、3時間以上、交代で混ぜ続けて完成しました

milando-4-9-3jam
↑瓶詰め。キレイな色です。

早速、出来たてのマンゴージャムをパンに塗って食べると、甘くておいしかったです!やっぱり出来たてって良いですね。
日本ではマンゴーは高級フルーツなので、当たり前のようにある南米ではマンゴージャムって普通のような気がしてましたが、よく考えると、贅沢ですね。笑

海外で、とんこつ味噌ラーメン

夜の食事はなんと「ラーメン」でした!

和食は世界で有名になりましたが、ラーメンはまだまだこれから!
個人的にはダシをとるのと、麺をちょうど良く茹でるのは、なかなか海外では難しいのではないかと思っています。
ブラジルは低地も多かったので比較的麺が茹でやすいと思いますが、コロンビアやボリビアなどの「高地」は沸点が下がるので、茹で頃を見計らうのが難しく、パスタを茹でるのも大変でした。商売でやるのは厳しいなと思います。

今日は、豚骨でダシをとって、味噌を加えたスープです!
たまたま旅人にラーメン屋で働いていた人がいたので、「煮卵」も作ってもらいました。

milando-4-9-4ramen
↑とんこつ味噌ラーメン!煮卵も!

南米でラーメン食べれるとは思っていなかったので、めっちゃラッキーでした!
おいしかったです。

 

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)