オビドスからナザレ(Nazaré)へバス移動 , Óbidos , Portugal

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「ポルトガル」で2015年4月27日に、私たちが体験したお話です。

オビドスからナザレへ

ポルトガル・オビドスの観光を半日で終え、友人おすすめの町「ナザレ(Nazaré)」へ向かいます!
ナザレは港町で、ビーチが美しく、リスボン郊外のリゾート地として知られます。

今はシーズンオフですが、夏は海水浴客で賑わうそう。

とにかく魚介類が新鮮で、ここでしか食べれない料理があって楽しみです。

不思議なことに、ポルトガルでは他の地域や国には広まっていないローカルフードがたくさんあります!美食ハンターは絶対訪れるべき国の一つですね。

ナザレ行きは夕方の17:45分発でした。ナザレまでは1時間の旅です。(学生料金3.85ユーロ)

オビドスのインフォメーションセンターの裏側の一段下がった場所にバス停があります。
ちなみにチケットをあらかじめ持っていなかったので、直接運転手さんから買いました。

Obidos - 12terminal
↑オビドスのバス停

たまたまナザレから日帰りでオビドスに来ていた、日本人夫婦の方と一緒にナザレへ向かいます。なんと、東京に住む友人の友人でした!びっくり!

オビドスはツアーで巡る場所でもあるので他にも日本人観光客がたくさんいましたよ。

日本語のパンフレットもなぜかインフォメーションに置いてあって、一番後ろに書いてあった「オビドス、生ける遺跡!」って標語が妙に印象的ではまりました。笑。
誰が訳したんだろう。。。

ナザレでの食道楽記事もチェック!

 

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)