東京や八女からも人が集まる!第四回いと会@焼とりの八兵衛 前原本店

こんにちは!

要注目の観光地・福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。
本日もブログ訪問ありがとうございます!

毎月開催で、第四回となります。(第一回第二回第三回のお話もチェック!)

今回の会場は、東京・六本木や海外にまで進出している「焼とりの八兵衛 前原本店」でした。
まさかの糸島が本店です。

ますます賑わう「いと会」

itokai4 - 1
↑幹事福島さんの挨拶

今回の参加者は20名を超えました。うーむすごい!
参加者は地元が糸島の人を始め、福岡市在住の方!そして、東京から糸島に移住された方、まだ東京在住の方!、そして福岡・八女からの方!
「友達が友達を誘う」コンセプトが効いてますねぇ。さすが福島さん。

糸島ローカルに終わらない可能性を感じます。

世界に誇る焼き鳥

焼き鳥の八兵衛について知らない人も多いかと思いますが、福岡市内はもちろん、東京六本木にも2店を構えて、最近では海外出店も果たしているお店です。
しかもなんと本店が糸島の筑前前原。

もともとは、商店街の肉屋さんだったのですが、商店街が寂れていったので、一念発起して、焼き鳥屋さんへ!「一串入魂」の焼き鳥が堪能できます!
飲み放題メニューがあるとは知らなかったのですが、3500円で飲み放題です。リーズナブル!

itokai4 - 2
↑新鮮なサラダ

itokai4 - 3
↑ぼんじり

焼き鳥の部位名って難しいですよね。ちなみにぼんじりとは、鳥の尾骨周りのお肉です。
個人的にはめちゃくちゃ旨い部位だと思います。脂がのっていて、とろけます。

itokai4 - 4
↑豚バラ

そして、豚バラ。福岡の焼き鳥屋では焼き鳥と称して、なぜか普通に豚バラが出てきます。でもこれが旨い!!程よい脂味ですね〜。

ちなみに、八兵衛の焼き鳥は全体として、ジューシーかつ、フワフワでソフトな噛み応えにビックリします!炭火で肉の繊維がほぐれて、新鮮な空気が入り込んだような感じです。
東京にいた時も焼き鳥は結構食べましたが、ここまでフワフワに仕上げるお店は少ないんじゃないかと思います。

itokai4 - 5
↑カリカリの厚揚げ

厚揚げのトッピングは醤油の方が合うという声が多かったです。笑。

itokai4 - 6
↑山芋の鉄板焼き

地味に好きな山芋のフワフワ鉄板焼き。
あとは、これでもかって焼き鳥メニューが豪華に続きます。

 

itokai4 - 7
↑砂ずり

itokai4 - 8
↑鶏皮

itokai4 - 9
↑モモ焼き

このモモ焼きも絶品ではないかと思います。

itokai4 - 10
↑つくね

あとウインナー焼きにしそ巻おにぎりに、ミニデザートがつきました。
思った以上の品数にビックリしました。さすが本店。

熊本地震に関してディスカッション

ふくコンとは!?

福岡市には、毎月第二水曜日に開催される「フクコン」というイベントがあります。

題名見ていると、フクオカで開催されている大規模なコンパの略か?と思ってしまいますが、そうではなく、一種のプレゼン大会で、発表者の企画やビジネスアイディアに関して、参加者の皆さんが全力で、応援&アドバイスをするという、心温かなイベントなんです。

ちなみに、これは鎌倉が発祥のイベントで、福岡に飛び火して、盛り上がっている段階です。いと会幹事の福島さんは、フクコンにはまっておりまして、「ぜひ糸島でもイトコンを!」と願っておられます。

語呂がいいですねぇ。

私たち夫婦も4月のフクコンに参加しましたが、訪日中国人客相手に福岡の情報をどう届けるかというビジネスの相談をされる方や、福岡の色々な場所でBBQを楽しむためにどうすればいいかと話される方や、2週間でチャリティーTシャツを1,000枚売りたい!!方など、興味深い話がいっぱいあって、みんなからの温かいアイディアをもらって、とても盛り上がりました。

それぞれ様々なバックグラウンドを持った人が集まると、家で一人でウンウン悩んでいるより、圧倒的に早く、面白い解決法が見つかるかもしれないというのが、このイベントのコンセプトだと思います。
実際に、ここからうまく波に乗って、ビジネスを進められる方やボランティア活動を始められる方も出てきているようです。

プレ・イトコン

つい先日の、熊本地震に関して、せっかくのこの機会にみんなで話し合ってみましょう!となりました。

支援のあり方としてどうすれば良かったのだろう?
今後につながるアイディアは?
避難や支援のあり方として何が問題だったのだろうか?というわけです。

お試しのプレ・イトコンですね。とてもいい企画だと思います。

それぞれ幾つかの班に分かれてディスカッションしてみました。
まぁ、お酒飲みながらの席なので、全体で何かの1つのアイディアに結集しようという「まとめ」は無理な訳ですが、そもそも田舎の糸島では「プレゼンって何!?難しそう!!」っていうのが現状だと思いますので、「とりあえず、みんなでガヤガヤ話し合う」というのはとてもリーズナブルだったと思います。

個人的には、震災があった時には、しばらくその場から離れても大丈夫な人が、周辺の、比較的安全な自治体に緊急避難できれば、誰にとっても負担が一番少ないのかなと思いました。やっぱりインフラが破壊された状態で、余震が続く中、みんなが被災地に留まり、プライバシーもない場所で救援物資を待つのは、支援される方も支援する方もかなり大変じゃないかなと思ったもので。

Airbnb、熊本地震周辺エリアで宿泊場所を無償提供

そういう意味では、民泊サイトが被災者向けにホストを無償紹介する緊急支援を行いましたが、災害時に、民泊で緊急避難が出来るのはアリだなと思いました。少なくとも被災者は「普通の民家での生活」が営めるので、車中泊や、どこかの体育館にみんなで雑魚寝よりははるかに過ごしやすいはずです。

いと会のさらなる進化が垣間見られた第4回いと会でした!

itokai4 - 11

明日も糸島を楽しみます!!

店舗情報

店名:焼きとりの八兵衛 前原本店
営業時間:17:30-23:00(L.O.23:30)
定休日:月曜
住所:糸島市前原中央3-20-5
HP:http://hachibei.com/?page_id=1693
地図:

(※2016年4月現在の情報です)

**糸島コンシェルジュがいる宿**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)