6/9(土)私たちの「世界一周旅行」トークイベント@東京 開催!

ユーモアの塊!我らが「むっちゃん万十 前原店」

こんにちは!

要注目の観光地・福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。
本日もブログ訪問ありがとうございます!

糸島の中心・筑前前原駅周辺では、手軽に買い食いするお店が少ないのが実情です。
そこで、数少ない買い食いが出来るお店をご紹介!「むっちゃん万十 前原店」です!

そもそも「むつごろう焼き」とは?

むっちゃん万十では、むつごろう焼きという、万十を売っていますが、そもそも「むつごろう焼きって何!?」というのが、福岡市外の人の反応だろうと思います。

福岡・佐賀・長崎に囲まれた有明海(下のマップの「赤ピン」位置参照)。その干潟に生息する珍しい魚「むつごろう」を型にしたハムエッグ万十がむつごろう焼きです。
ariake

もともとむつごろうの知名度を上げるために誕生したとの話ですが、昔から、なぜか福岡でも有明海に面していない福岡市周辺にしか知られておらず、最近は色々チェーン店が出来ているようですが、私が高校生だった十数年前までは福岡市内でもほんの少ししかお店がなくて、「おいしいんだけど、あんまり知られていない福岡名物」という感じでした。

中高生のおやつって感じですね。

ユーモアたっぷりすぎて、笑える。

mucchan - 1

前原店は明るくて清潔な感じです。このお店はものすごくユーモアがあって、入る前からウケます。

mucchan - 2
↑定休日の案内。

「店長が副店長に怒られてやる気を失くしてしまったとき」はお店がお休みになるそうです。笑。
副店長は影の番長みたいな感じなんでしょうか。人間関係の想像が膨らみます。

mucchan - 3

カウンターで「むっちゃん万十(ハムエッグ)」を注文します。160円。
どっちが店長さんで副店長さんでしょうかね。。

mucchan - 4
↑イートインスペース

イートインスペースも広くて、学生や子供連れの主婦などもいっぱいやってきます。
確かに女性にとって入りやすいお店ですよね。昔のむつごろう焼きのお店のイメージとしては、イートインスペースはなくて、ほとんど屋台みたいな感じだったのですが、今はまるで小さなファミレスのようなレベルですよね。

そう思ったのもつかの間。釘をさすように、さらにユーモアは続きます。

 

mucchan - 5

むっちゃん万十 禁止事項!
「店内で勉強する(感心はするけどね〜 図書館へどうぞ!)」

感心はしてくれるんだ!笑。

「短時間で出入りを繰り返す(アナタのお家じゃありませんよ)」

うむ。そんな客いるのかな。ちょっと想像がつかんけど。笑。

とりあえず、店長の優しさが感じられる張り紙でしたね。

これぞ、懐かしのハムエッグ

ハムエッグが来ましたよ!懐かしのハムエッグ!

mucchan - 7

mucchan - 8

佳奈さんは初めてです。「普通に美味しい」と。
そう!普通に美味しいんです!中高生のおやつですからね、基本。関西におけるたこ焼き、東京下町におけるもんじゃ焼きに相当するのが、福岡のむつごろう焼きです!

そして、まだユーモアは続きます。

mucchan - 6

チェーン店なのに、オリジナルメニュー!?笑。
「万十以外のメニューは殆ど儲けのない・・・」

何の告白だろ、一体。笑。

実は20時まで開いてますからね。小腹が空いた時は是非!

明日も糸島を楽しみます!!

店舗情報

店名:むっちゃん万十前原店
営業時間:11:00-20:00
定休日:日曜
住所:糸島市前原中央2-6-20
HP:http://www.mucchanmanjyuu.com/
地図:

(※2016年5月現在の情報です)

**糸島コンシェルジュがいる宿**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)