福岡での縁結びならここ!「出雲大社福岡分院」

<スポンサード リンク>

こんにちは!
福岡・糸島で、ゲストハウス「前原宿ことのは」を運営するのぎー&かなです!
今日もブログ訪問ありがとうございます!

みなさん、2017年の初詣はどこに行かれましたか?

やはり住んでいる地域の神社に行くのがいいと思いますが、私たちはそれ以外にも行ってみたい場所がありました。
それは、福岡市西区今宿町にある「縁結びの神 出雲大社福岡分院」です。初めて訪れました!

■なぜ出雲大社が福岡に!?

↓出雲大社福岡分院<
izumo - 1

おお!福岡に出雲大社があるとは!!って感じですよね。実は私も最近知りました。

江戸時代から明治に変わって、国家戦略として、「神道(しんとう)」が前面に押し出されるようになりました。

そこで布教のため、東日本を伊勢神宮西日本を出雲大社が取り仕切るようになり、各地に分院が作られました。
分院は、九州では長崎と福岡にしかありません。

どこにでもあるわけではないのです。

↓シンプルな境内
izumo - 2

↓拝殿
izumo - 3

小さな神社ですが、縁結びの神様なので、恋愛成就のお願いをしたい!っていう、若い人にも人気があるようです。

■特別感のある出雲大社

↓拝殿内
izumo - 4

izumo - 5

拝殿内には、記帳台もあって、なんだか新鮮な驚きがあります。
また、普通の神社でのお参り方法は「二礼二拍手一礼」ですが、出雲大社の場合、「二礼四拍手一礼」です。
拍手が二つ多いです。

パン、パン、パン、パンというリズミカルな手拍子が聞こえて、これまた新鮮さを感じます。
やはり特別な神社なんですね。

↓本殿を三回周る
izumo - 8

拝殿を一旦出ると、すぐ脇に立て看板があって、「御神歌を唱えながら右から三度廻る」とあります。

その先には・・・・

↓恵美須社
izumo - 9

↓御国社
izumo - 10

恵美須社(えびすのやしろ)には、大国主大神と事代主神が祀られ、開運や子宝にご利益があります。まさに出雲系の神様ですね。飛び出た石に触ると良いようです。
御国社(おくにのやしろ)には、なんと出雲の阿国(いずものおくに)が祀られています。歌舞伎の源流となる踊りの始祖とされる方です。

御神歌が分からんと思いましたが、お正月の賑わいだったので質問はしませんでした。今度知りたいな〜と思います。

↓ご神木は梛(なぎ)
izumo - 7

梛(なぎ)という木があることを初めて知りました。
これも珍しい気がします。

■縁深き福岡分院とその歴史

↓かつての出雲大社福岡分院
izumo - 11

この絵にはびっくりします。今では小さな福岡分院ですが、かつては壮大な規模を誇っていました。しかも福岡市のど真ん中で!

<スポンサード リンク>

明治になってから福岡分院は設置されましたが、最初は、大濠公園脇の大手門二丁目付近にありました。
当時の地名で荒戸東通り町です。

↓かつての福岡分院の位置?
izumo - 12

信号に、「荒戸東」って残ってますね。おそらく昭和通りが通されたので、元の敷地の一部は道路の下かもしれません。
というか、絵からすると、点線より全然大きいかもしれない!

福岡市民じゃないと分からないと思いますが、このエリアは思いっきり、福岡県内では一等地です。東京で言えば白金みたいなポジションかもしれません。
そこに、あの絵の規模で鎮座していたと思うと、ものすごい驚きです。

残念ながら、第二次世界大戦の最中に全ての建造物を焼失してしまい、紆余曲折を経て、現在の福岡市西区今宿町に落ち着きました。
再建されるまで、実は30年近くかかっているのですが、その間も、出雲からいらっしゃった、代々の分院長である広瀬さん一家が、出雲大社の分霊を大事に守ってくださっていたようです。頭が下がります。

神社の再建ってお金もかかるし、敷地も必要だし、本当に大変だったと思います。無事再建されて良かった。

 

実は何ですが・・・・

出雲大社の分院を福岡に持ってきたのは、私の母方の、ひいひいおじいちゃんだったりします。
もちろん、一人で動いていたわけではないでしょうが、相当の尽力をされたと伺ってます。

この話、親戚一同みんな知っていたのかと思っていたら、実はみんな全然知らなくて、一昨年ぐらいに初めて聞いて、みんな「嘘やろ〜」みたいな感じでした。笑。
でも、親戚のおじさんの一人は、毎月定期的にお参りに行っているようで、知っている人は知っていた!的な・・・笑。

うちは母方も父方も、祖先はかなり色々ありそうなので、あり得そうな話ではありましたが、何はともあれ、初めてお参り出来て良かったです。
これから機会ある毎に、訪れようかと思います。

ちなみに、出雲大社福岡分院では、旧分院(福岡市荒戸東通町71番地 旧下ノ橋電停前、現在の大手門付近)の写真、又は資料等を探しておられます。大正、昭和にかけ神前結婚式が盛んで、社殿前の記念写真撮影が多く行なわれていたそうなので、案外写真が残っているんじゃないかと思われます。

もし持っていらっしゃったら、福岡分院までご連絡を宜しくお願いします!

明日も糸島を楽しみます!!

Comments(コメント・質問)

<ことのはの予約>
↓ 民泊サイトAirbnbより
↓または、ホームページの「宿泊予約フォーム」よりお申込みください。

<スポンサード リンク>

福岡に来るならスカイマーク!


面倒な会員登録をしないでホテルを予約しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。