6/9(土)私たちの「世界一周旅行」トークイベント@東京 開催!

間伐材を使おう!森を楽しむマーケット「THINNING(シニング)」

こんにちは!

要注目の観光地・福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。
本日もブログ訪問ありがとうございます!

4月1日に行われた、THINNING(シニング)という間伐材の活用をテーマにしたアウトドアイベントのレポートです!

間伐材って何!?

イベントの舞台は、筑前前原駅からすぐの丸太池公園です。

↓入り口
thinning - 1

広場にたくさんのブースが集まり、とても賑やかな雰囲気です。

↓案内板
thinning - 2

まずはイベントに関する趣旨が書かれたボードがありました。
そもそも間伐材って何!?って感じですが、ホームページに以下の説明がありました。

日本全国で放置された荒廃林には、陽の光が差し込まず土壌が弱く、土砂災害などが起こりやすい原因となっています。 間伐は選ばれた木を伐り倒すことで、暗い森の地面に陽の光を届け、健全な森を取り戻すための作業です。 しかし、この作業を進めるには間伐材の流通をつくり、森を手入れするきっかけを作り続けなければいけません。 僕らはまずこの現状を少しでも多くの人に知っていただき、ささやかでも民間でできるアクションを考えるきっかけにしたいと思っています。
参照:ABOUT|THINNING

戦後から、安価な外国産の木材ばかりを使ってしまって、国内の森の管理が出来なくなったばかりに、土砂災害などの被害が拡大する傾向にあると言います。
近年では信じられないような豪雨が発生して、集落ごと流されたり、下流の橋を壊したりなど、想定外の災害が発生しやすくなっています。

「森の健康問題」は林業従事者などの一部の人の話ではなくて、結局はみんなに関係があるのに、長い間放置されていたために、解決したくてもすぐには解決出来ないレベルの問題になってしまいました。

だから、「間伐」という、森の木々を少しずつ間引く作業をして、少しずつ森の状態を良くしていきましょう!というのが現在の流れであり、THINNINGはその広報を兼ねた、イベントとなります。

↓糸島の木材を使うなら
thinning - 3

例えば、糸島の森の木材を活用しようと思うなら、現状では上記のような関係者がいます。
なんとかしたいと思っておられる方が多数いらっしゃいますが、一般的にはまだまだ知られていません。

このイベントをきっかけに、糸島の森に親しみを感じる人が増えたら・・・というのが関係者の切なる願いです。

↓主催者の1人「GOOD DAILY HUNT」
thinning - 4

丸太池公園のすぐ近くでアウトドアグッズ店を開いておられる「GOOD DAILY HUNT」さんはこのイベントの主催の1人です。

gooddaily - 5ユーモアとセンスに溢れる、ディープなアウトドアショップが前原に誕生!「GOOD DAILY HUNT」

本当に素晴らしい活動だと思います。

糸島の協力店も集結

イベントには糸島の多くのお店も出店していました。

↓ここのき
thinning - 5

糸島の70組近くのクラフト作家さんの作品を扱う、「ここのき」さん。

↓ロイターマーケット
thinning - 6

素材のフルーツの味が濃厚なジェラート屋さん「ロイターマーケット」さん。

↓NPOいとなみ
thinning - 8

間伐の推進に力を入れる「NPOいとなみ」さんなど。

多くの糸島関連のブースが出ていました。

トンカチ館ブースで、丸太切り体験

糸島が誇る木工体験実習館「トンカチ館」も出店していました。

↓トンカチ館
thinning - 9

トンカチ館では、ほぼ家一軒できてしまいそうなくらいの大型木材加工機械を所有していて、様々な木工体験が出来ます。

THINNINGでは、なんと無料で丸太切り体験が出来ましたよ!

↓丸太切り体験
thinning - 10

トンカチ館は、私たちの宿の客室に置いている長机を、DIYで制作する時に利用させてもらったので、とても馴染み深い場所です。

↓宿に置いている長机
kotonohatable - 1

さぁ、久々にDIYやった時の記憶を思い出して、丸太切りに挑戦です!

↓挑戦
thinning - 11

刃が重い。。。笑。

↓なかなか刃が入らない
thinning - 12

電動なら一瞬でしょうが、手作業は本当に時間がかかります。
電気のない時代は、人力のみでカットしていたんでしょうから、頭が下がります。

↓佳奈も挑戦
thinning - 13

佳奈も挑戦です。
なかなか進まない。笑。

10分くらい格闘して、なんとかカット出来ました。

↓うまく、カット出来ました!
thinning - 14

頑張りました〜。
なべ敷きに使おうかと思います。

↓トンカチ館の手塚さんと!
thinning - 15

トンカチ館・館長の手塚さんと一緒に!

トンカチ館はとても面白い施設ですので、ご興味あればぜひ訪れてください。

びっくりな有名店も出店!

今回は、えっ!?このお店がイベント出店するの!?と思わず思ってしまうような、有名アウトドアメーカーも多数出店していました。
主催者とのご縁もあったそうですが、THINNINGの趣旨に共感して出店されました。

有名アウトドアメーカー

↓ノースフェイス
thinning - 16

thinning - 17

言わずと知れた世界的アウトドアメーカー「ノースフェイス」さん。
間伐材を使ったなべ敷きを作るワークショップを開催されていました。

↓スノーピーク
thinning - 18

thinning - 19

日本が誇る、高品質なアウトドアメーカー「スノーピーク」さん。
桁違いに丈夫で、機能的な製品が評判で、熱狂的なファンが多いので有名です。

↓ムーンスター
thinning - 20

thinning - 21

福岡・久留米発祥のシューズブランド「ムーンスター」さん。
私たちも普段から愛用しています。

日本人の足型にあったフォルムで、足との一体感は海外のブランドにはなかなか出せない品質だと思います。
生産量が限られるので、あまり大型の靴屋さんに置いてませんが、なかなか自分の足に合う靴がないな〜と悩んでおられる方にオススメです。

↓A&F COUNTY
thinning - 7

全国展開するアウトドアショップ「A&F COUNTRY」さんも出店。
子供達が喜ぶワークショップを開催されていました。

元アップル出身エンジニアが作るコーヒーミル

極め付けは、「LYN WEBER WORKSHOPS」さん。

↓LYN WEBER WORKSHOPS
thinning - 24

元アップル出身エンジニアのダグラスさんが作るコーヒーミルが、現在コーヒー業界を席巻しています。

↓ダグラスさん
thinning - 25

ダグラスさんは、実は糸島在住で、かねてより糸島に住みたいと思って、ずっと糸島に拠点となる場所を探しておられたとか。
日本語もペラペラです。

↓コーヒーミル
thinning - 26

アップル社といえば、iPhoneなど、極限まで無駄を削ぎ落とされた美しいデザインで有名ですが、それを彷彿とさせる美しいデザインのコーヒーミルを作っておられます。

見ているだけで、プロじゃなくても欲しくなります。

もちろん機能面も完璧。
使いやすく、メンテナンスのしやすさまで考慮して設計されています。

その品質から世界中から注文が相次いているようです。

THINNINGは、とにかく興味深いお店が多数出店するイベントでした。
面白かったし、間伐について理解を深められる良い機会でした。

定期的にイベントは開催されるようなので、ホームページや公式フェイスブックをチェックされてください。

イベント情報

イベント名:THINNING(シニング)
開催月:4月と10月に開催予定
場所:丸太池公園(予定)
住所:糸島市前原中央2-4
HP:http://thinning.jp/
地図:

(※2018年4月現在の情報です)

明日も糸島を楽しみます!!

**糸島コンシェルジュがいる宿**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)