【後編】今、前原が面白い!お話会&ワークショップ@前原DIYリノベウィーク2018

こんにちは!

要注目の観光地・福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。
本日もブログ訪問ありがとうございます!

11月5日〜11日に開催しましたイベント「前原DIYリノベウィーク2018」の連続レポートの第二弾です!
前編」に引き続き、今度は「今、前原が面白い」ワークショップのレポートです。

「今、前原が面白い」ワークショップ

私たちの約1時間に渡るプレゼン(前編に記載)の後に、みんなで「前原の過去・現在・未来」について情報をシェア&アイディアを出し合う機会を設けてみました。

人の話を聞くだけでは面白くないですから。

地元の商店街出身の方から、商店街で商売をされている方、行政区の方、市役所の職員さん、九大生、移住者、またゲストでいらっしゃった博多や東京からのまちづくり・不動産関係者の方々など、総勢33名の様々な方にお集り頂きました。

本当にありがとうございました!

↓それぞれ班に分かれて、いろいろなアイデアを出します
前原が面白いワークショップ - 4

前原が面白いワークショップ - 5

前原が面白いワークショップ - 6

前原が面白いワークショップ - 7

前原が面白いワークショップ - 8

議論は大盛り上がりで、本当に様々な意見が出ました。
ありがとうございます。

以下にまとめましたので、どうぞご覧ください。

前原の過去

  • 昔は夏祭りや大売り出しに大勢の人たちが来ていた
  • 山笠が走るほど賑わいがあった
  • 移住のきっかけは「人の良さ」だった

↓かつての賑わいの様子(明治)
明治の前原

↓かつての賑わいの様子(昭和)
昭和の前原

上記の糸島新聞社からの写真を見ると、本当に賑わっていたのが分かります。
糸島に移住された方など、今の商店街しか知らない人はかつての状況にびっくりします。

前原に首都圏などから移住された方にとっては、「人」こそが移住の決め手だったと言います。

賑わいは減っても、地域の「人情」は受け継がれているんですね〜。

前原の現在

前原の現在の状況については様々な意見が出ました。
とりあえず「良い点」と「改善点」に分けてみました。

良い点

  • 入り組んだ路地が面白い
  • きっかけ(イベント・講演会・祭り・面白い人)があれば、人はたくさん集まる
  • 「いと会」=飛び込めるプール(コミュニティ)の存在は大きい
  • 落語会があるのが良い
  • スナック・居酒屋など、夜に地元の人が集う場所がある
  • 掃除(ゴミ拾い)が大切
  • 九大とのつながりが徐々に出てきている

車で通り過ぎるだけでは分からないのですが、実は前原の街は起伏に富んでいて、高低差がかなりあります。
それに従って、街が成り立っているので、結構入り組んだ路地も多く、その先にお店がある場所もあり、結構歩き甲斐のある街なんです。

↓いと会
itokai17 - 22

糸島コンシェルの福島さんが毎月主催する飲み会「いと会」の存在も大きいです。
前原の街にある飲食店と、多くの市民をつなげる役割を果たしています。

あと、九大とのつながりへの期待を感じます。
大学生にとっても、キャンパス付近は学校と家、コンビニだけという、「潤い」が全くない状況で、ストレスが相当に溜まっていると聞きます。
前原のような、歴史や文化が残る街は学生にとってもとてもメリットがあるように思います。

↓トゥクトゥク
tuktuk - 1

最近は前原の面白さに気づいた学生が、前原に進出し始めていて、トゥクトゥクというタイのタクシーを使ったレンタカー事業を九大生が始めています。

改善点

  • 会社がないので、昼間の賑わいがあまりない
  • テナント家賃がまだ相場に比べて高すぎる
  • 商店街に駐車場がない
  • 夏祭りの見物客が減った
  • 現在はたくさんの活動が点であり、つながりが少ない

確かに働く場所が少ないので、昼間が閑散としていますね・・・

またテナント家賃相場が高めのエリアもあって、ずっと入居者募集をかけている空き店舗を多く見かけます。

かつては地域で一番の繁華街だったので、強気の家賃設定はある意味理解できます。
しかし、全国チェーン系の店舗が、広い駐車場付きのロードサイドへ移転したり、閉店したりしたのは、街に訪れる人の減少具合から、採算が取れないと判断した証拠だと思います。
全国チェーン系はかなり厳しく数字から判断しますので。

ぜひ、大家さんには真面目な個人商店が活躍できる家賃設定をお願いしたいです。

駐車場が少ない問題も切実です。
ただ、各店舗が所有する専用駐車場の数を足すと、50は超えるという話もあります。
将来的には、複数店舗が共有する「シェア駐車場」のような試みも必要かなと思います。

前原の未来

過去と現在を踏まえての「前原の未来」です。
本当に多くの意見が出ました。
そろそろ時間です。と言わないとずっと続きそうな雰囲気でした。

それだけ、前原の街が好きな人が多いという証拠ですね。

未来へのヒント」と「具体的な提案」に分けてみました。

前原の未来へのヒント

  • 様々な活動を点から線へ(お金が回る仕組みも)
  • 糸農生・糸高生・留学生・九大生にもっと関わってもらう
  • インスタ映えスポットが欲しい
  • 発展は自然の流れで!行政主導や誰かのワンマンまちづくりは避けるべき!(しがらみが大きくなり、失敗するリスクが高い!)
  • 外部の人の「前原は面白い」が地元の人の意識を変える
  • 「前原に行かない?」という誘い文句が使える街に!(街のブランド化)

九大生はもとより、高校生や留学生など、若い世代に関ってもらうのは重要ですね。
特に糸農生は食品分野にも強いので、飲食関係で街と良い関係が築けるかもしれません。

前原は個性的なお店が急激に増えて、面白くなってますが、現在は一部の人しか知りません。
多くの糸島の人は「前原に行く用事ないし・・・」みたいなイメージかもしれません。
でも、糸島以外の人が「前原めちゃくちゃ面白か〜」みたいな情報を発信しだしたら、反応が変わるかもしれませんね。

「糸島に行かない?」ではなく、「前原に行かない?」って多くの人が言うようになったら、すごいです。
ただ、その可能性は本当にあります。

前原を消費の街ではなく、人と人が出会う「交流と創造の街」だと考えれば、潜在能力は計り知れません。
楽しみですね!

具体的な提案

  • 面白い人をもっと面白がろう!(個人の価値観を尊重できる街へ)
  • 個性的なお店を応援しよう!
  • 子供が安心して遊べる街へ!そんな街は大人が千鳥足でも安心だ!(通過交通への対処)
  • 糸島スタートアップの拠点へ!
  • エンターテイメント(映画館・劇場・寄席など)も充実を!
  • 昼間の人口を増やそう!(シェアハウス・シェアオフィス・チャレンジショップが貢献)

面白い人や個性的なお店を全力応援する街を目指したいですね〜。
前編」に書いたように、ユニークな人を面白がる余地が前原にはあると思っています。

周りにしっかり配慮できて、迷惑をかけないように努力できる人が前提だと思いますが・・・

通り抜け車両が多いのをどうにかしたいという想いは多くの人が抱いているようです。
確かに一方通行の道をものすごいスピードで飛ばす車がたまにいます。
かなり危険です。
改善には少し時間がかかるかもしれませんが・・・

そして糸島で起業する人たちが集まるといいですね。
特に飲食やIT系の起業には向いています。

前原は、自然へのアクセスも容易で、電車一本30分程度で、福岡の繁華街や新幹線、国際空港にも行けます。
歩いて行ける範囲には、糸島の美味しい食材を使った、レベルの高い飲食店がいっぱい。
交流や接待だって楽しいですね。

よく考えると、前原はスタートアップには最高レベルの環境かもしれません。

あと、エンターテイメントの充実を訴える声も多かったです。
今、劇場を前原に作ろうと動いているグループもあります。
かつて3館あった映画館を復活させたいという声もあります。

実現までにはかなり資金や人材が必要だと思いますので、共感される方はぜひサポートしてくださると幸いです。

昼間の人口を増やす工夫も必要ですね。
一人当たりのコストやリスクを抑えるためにも、シェアハウス・シェアオフィス・チャレンジショップがいくつもできるといいですね。

↓ワークショップご参加のみなさん
前原が面白いワークショップ - 9

ご参加のみなさん、お忙しい中お集まり頂き、本当にありがとうございました!
貴重な意見をたくさん頂戴しました。

ぜひ今後の参考にさせて頂きたいと思います。

私たちもまずは前原への出店希望者の最初の窓口になりたいと思っております。
ぜひ相談に乗らせて頂きたいです。

あと前原でぜひ何かやりたいと思う方は遠慮なく私たちにご相談くださいね。

maetano.pro@gmail.com

diyrenovation2018 - 1前原DIYリノベウィーク2018の概要 前原プレゼン - 1【前編】今、前原が面白い!お話会&ワークショップ@前原DIYリノベウィーク2018 arabiannight - 1参加店舗での楽しいイベント@前原DIYリノベウィーク2018 マエバルウォーク - 1第一回マエバルウォーク!前原の夜を飲み・食べ・歩こう! お出かけ講演@前原DIYリノベウィーク2018 maebaru-vintageclub - 1前原の街案内ツアー@前原DIYリノベウィーク2018

(※2018年11月現在の情報です)

明日も糸島を楽しみます!!

**糸島コンシェルジュがいる宿**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)