マルゲリータ発祥の店へ!新鮮モッツァレラじゃないとピザじゃない! , Napoli , Italy

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「イタリア」で2015年7月1日に、私たちが体験したお話です。

ピザ発祥の地ナポリ

ナポリにいます!
ピザ発祥の地として知られるナポリですが、そもそもは遅い夕食前に食べる、軽食の一種らしいです。(デカすぎて、腹一杯になりますが)

南米からトマトなどの食材が入ってきて、今のピザの形に落ち着いたみたいです。

つまり、マルゲリータ(トマト、モッツァレラ、バジルでイタリアの国旗を表現した、あの有名ピザ)こそが、ピザの1つの原型なのです。

今日は「マルゲリータ発祥のお店」に行くので楽しみです!

卵城で掛け軸!?

ナポリのデートスポットとしても有名な「卵城(Castel dell’Ovo)」に行きました。

元々の岩山を利用して作ったと思われるお城は質実剛健!かなり堅牢な雰囲気です。
海に突き出たお城から見る、ナポリの夜景は絶景とか。

Napoli - 02castle1
↑卵城

ナポリの街並みも一望です。

Napoli - 03castle2
↑ナポリの街並み。港町らしい雑然感がありますね。

散策していたら、面白い展示が!

Napoli - 04castle3

なんと、「掛け軸」の展示です!こんなこともあるんですねぇ。

ナポリの大学で日本語を学んでいる学生がボランティアしていたので話してみると、「ローマにある団体」が主催しているようでした。こっちはアルファベットだけで事足りる世界なので、文字がアートになるのはけっこう珍しいようですね!

ナポリのレモンは違う!おいしいグラニータ

ピザ屋に向かう前に、おいしいグラニータ屋(シャーベット屋)さん「Oasi Chiaia」を見つけたので、早速購入!
佳奈さん曰く、「このあたりのレモンはシチリアとは違って、ごつごつして大きい」とのこと。アマルフィレモンというのかな。
当然味も違います。

Napoli - 05granita1

 

Napoli - 06granita2
↑果実があふれるジューススタンド。

グラニータもなんと、レモンがそのまま入っています!

Napoli - 07granita3
↑レモンそのもの入りグラニータ。2.5ユーロくらい。

レモン酸っぱいかなぁと思って食べると、甘い!グレープフルーツみたいなかんじの酸味と甘みです。
おいしい!シチリアとはまた違った味!

買って良かった!

 

マルゲリータ発祥のお店へ

さて、マルゲリータ発祥のお店「ブランディ(Brandi)」へ向かいます。

マルゲリータは、1889年、イタリア統一を果たした王女マルゲリータのナポリ訪問の際に誕生したと言われています。
日本のピザ屋だって、メニュー表の一番上は「マルゲリータ」であることが多いですよね。まさにピザの中のピザ!

Napoli - 08branidi1

Napoli - 09brandi2

Napoli - 10brandi3
↑かなりクラシックな雰囲気の漂うお店。

ピザはもともと、主にナポリの漁師がファーストフードとして食べていたみたいで、格が上がったなぁってかんじですかね。笑。
余談ですが、寿司だってもともど江戸っ子のファーストフードですけどね。今や高い店は一人数万円。。。ファーストフードも極めれば、最高級食ですね。

さっそく、マルゲリータ来ましたよ!

Napoli - 11pizza
↑マルゲリータ

トマトの赤、モッツァレラチーズの白、バジルの緑。イタリアンカラーです。
釜から出てきたばかりか、ぐっつぐつ生地の上でトマトソースが煮えています。

モッツァレラチーズがシンプルな味で軽くて食べやすい!けっこうトマトの風味が強いピザです。
おいしい!それにしてもお腹いっぱいになるなぁ。

個人的には、日本ではあまりピザは食べません。なぜかというと、イマイチ、日本で食べるモッツァレラチーズは重くて、後味が悪い気がするのです。食べている時はおいしくても、後で「止めとけば良かった」と思ったことが何度もあります。

でもやはり、本場!モッツァレラチーズは新鮮で、超おいしいです!!!
やっぱり来て良かった!

マルガリータ100周年の記念のプレートもありました。

Napoli - 12branidi4

これだけ長い間、人々に愛されるってすごいですねぇ。

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)