元祖糸島ブランド「糸島手造りハム」で食べる満腹ランチ!

こんにちは!

要注目の観光地・福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。
本日もブログ訪問ありがとうございます!

今でこそ、糸島ブランドの農産物が有名ですが、私が中・高校生だった1990年代後半はそんな風潮の兆しもありませんでした。
ただ、「地元の豚肉を使って、ハムを作り始めた人がいるらしい」という噂が広まって、時々家族で買い物に出かけることはありました。

糸島ブランドの先駆者

ham - 1
↑ログハウスのレストラン

糸島で本場ドイツ仕込みの手造りハムを製造されているのは、「糸島手造りハム」さんです。
創業は1989年(平成元年)です。おそらく糸島では、地元産の素材を使って「地産地消」を目指したお店としては最古参ではないかと思います。

ちなみに、
つまんでご卵の「緑の農園」さんが1989年創業(直売所オープンが1999年)、
伊都物語の「みるくぷらんと」さんが1992年創業、
糸島牛の「一番田舎」さんが1993年創業、という感じなので、糸島手造りハムさんは、糸島の「長男坊」といった存在だと思います。

コストパフォーマンス高いランチ

ham - 2
↑二階の「レストランITOSHIMA」

では、二階の洋食店「レストランITOSHIMA」でランチを取ることにしました。ちなみに一階は炭火で焼肉を楽しむ「炭火焼 いとしま」です。
素材は同じでも、楽しみ方が違うようになっています。
オーダーしたのは、「ITOSHIMA 贅沢コース」2人前からのコースで、2人で3800円(税抜き)です。
サラダバイキング、手造りソーセージ4種盛り、パン、スープ、パスタ、手造りハンバーグ、デザート、コーヒー付きとかなりのボリュームを誇るコースです。

ham - 3
↑サラダバイキング

サラダを食べていると、順番に運ばれてきます。

ham - 4
↑手造りソーセージ盛り合わせ(写真は2人前)

美味しい!プリプリ感がいいですね。敷地内の工房で作っておられるので、新鮮さがやっぱり魅力です!

パンやスープが運ばれてきて、サラダもいっぱい食べていたら、かなり満腹感が出てきます。そこへメインディッシュのハンバーグです!

ham - 5
↑ハンバーグ(写真は2人前)

ハンバーグは一人一個かと思っていたら、これを分け合います。ただこの時点で結構お腹いっぱいなので、丁度良い量だと思います。

びっくりするのは、溢れ出る肉汁です!

ham - 6
↑溢れ出る肉汁

写真で見えますかね?ナイフを入れた瞬間に、中からジュワッと溢れ出てきています。

うまいです!めっちゃお肉が詰まっています。脂身がとても品が良いので、重さがなくて、とても食べやすいです。さすが「長男坊」の風格です。

食べ終わると、パスタが出てきて、締めのデザートとドリンクです。

ham - 7

もう満足です。美味しかったなぁ。

ham - 8
↑今日は母親とおばあちゃんと一緒でした。

地元密着のお店

ここには、レストランだけでなく、直売所や、ウインナーの手作り体験教室もあります。

ham - 9
↑直売所

ham - 10
↑本場ドイツでも認められた品質です!

直売所では作りたてのソーセージや、糸島の果物を使ったアイスなども販売しています。
遠方の方は、ネットから買うこともできます。→「手作りハム通販ショップ

hanbai

面白いのは、「名前がわからないソーセージ」というソーセージを売っていること。オリジナリティありますね〜。
個人的には、発色剤の入っていないソーセージがもっと増えると嬉しいなと思いますが、多分私たち消費者が「発色剤なんて余計なものいらないよ〜」ってならないと発色剤は無くならないのかなとも思います。味には関係ないですからね。

ham - 11
↑手作り体験教室

そして手作り体験教室もあります。やっぱり自分で作ると楽しいですよね〜。
しかも教室終了後は、飲み物や食べ物を持ち込みOKで、作りたてのウィンナーを焼いてたべれるそうです!
自分で作って、その場で食べれるって最高ですね!超新鮮です!

当店は地域に密着した店舗を目指しています。
使用する豚は熊本や地元糸島の豚など九州産を使用しております。
材料にもこだわっていますので広域に店舗を展開することなく、
地元に密着した店舗経営をおこなっています。

お店のこだわり」より

体験施設も地元密着の一つの形ですね。
糸島手造りハムさんが出来た頃は、なんでも全国的に名がある方が素晴らしいという風潮が強かったと思います。ジャガイモなら北海道のナニナニ町、ピーマンなら高知のナニナニ町、みたいな。
実際私も、当時は「糸島の豚肉でハムを作るって、風変わりなことしてるな〜」と思った記憶があります。

しかし、農産物は工業製品ではないので、「新鮮さ」という要素がとても大切です。これは今なら分かります!あのバブル真っ只中の当時に、「地元産」で勝負しようという決断はものすごいと思います。

糸島市民としては、真っ先に感謝したくなる、「糸島手造りハム」さんでした!

明日も糸島を楽しみます!!

店舗情報

店名:レストラン ITOSHIMA
営業時間:11:00-21:00(L.O. 20:30)
定休日:不定休
住所:糸島市泊647-2
HP:http://restaurant-itoshima.jp/
地図:

(※2016年12月現在の情報です)

**糸島コンシェルジュがいる宿**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)