糸島にまさかの本格ギャラリー!家に絵を飾ろう!「Torre Dos Cielos(トレ ドス シエロス)」

こんにちは!

要注目の観光地・福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。
本日もブログ訪問ありがとうございます!

糸島には素敵なカフェやレストランがいっぱいありますね。
週末には福岡市を初め、広島や大阪、東京からも糸島観光を楽しむ人が増えてきました。

みんなの価値観が変わってきた!?

今から20年くらい前は消費文化の真っ只中でしたので、学生だった私が休日に行くのも天神などの大都市の中心部が多かったです。そこでショッピングをしたり、映画を観に行ったりしたと思いますが、常にストレスいっぱいな人混みに向かってしまう傾向が強かったような気がします。

なんででしょうね。。。きっとそういう人も多かったと思います。

しかし、最近は価値観が変化してきたのか、休日に田舎に行ってのんびりしたり、友達同士でカフェでおしゃべりしたりと「ゆっくりと豊かな時間を楽しむ」人が増えてきたように思います。

いい傾向だと思います。

ただ、まだ何かが足りない。。。。

私が思うに、「アートを楽しむ余裕」です。
一般的に、平和な時代が続いて、食うに困らない生活になると、人々はアートによる「心の充足」を大切にするようになるといいます。例えば日本でも、「浮世絵」は江戸時代に平和が続くようになって生まれました。

浮世絵の祖・菱川師宣(ひしかわ もろのぶ)の初作は1670年代だそうですから、江戸幕府が出来て70年後くらいにようやく芽が出てきたわけです。

日本も戦後70年以上経ちました。そろそろアートが身近になってくる頃合いです。

糸島にまさかのアートギャラリー!

「ゆっくりと豊かな時間を楽しめる」糸島に、実はアートを楽しめるギャラリーがあるのをご存知でしたか?

↓アートギャラリー外観
torre-1

その名はスペイン語で「Torre Dos Cielos(トレ ドス シエロス)」といいます。「2つの空のある塔」という意味です。

場所は志摩野北(のぎた)で、野北海岸や二見ヶ浦からもほど近いですね。

↓流木アート
torre-2

入り口には二見ヶ浦から拾ってきたという流木があります。近くで見ると思った以上にでかいですね。

空間自体がアートそのもの!

中に入ってまたびっくり!

↓ギャラリー内観
torre-3

まるでアート作品そのもののような空間です。オーナー自身で内装はかなりDIYされたそうです。
展示されているのはヨーロッパの作家さんのアート作品です。

↓展示台も美しい
torre-4

展示位置などにリズムがあるので、写真を撮ると、見事な絵のようになりますね。
大きな縦窓からもいっぱい光が入って、開放感にあふれています。

↓展示棚
torre-5

細かな部分にも抜かりがありませんね。

↓照明と花瓶
torre-6

なんだか、デッサンをしたくなります。ほとんどやったことありませんが。笑。
細部がアート心をくすぐります。

糸島にこんな素敵な空間があるとは驚きです!

非日常を日常に

 

Torre Dos Cielos(トレ ドス シエロス)のオーナーはTakatoさんです。

↓Takatoさんと看板犬のプティ
torre-7

元々アートとは違う仕事をされていたそうですが、アートが大好きで、「ヨーロッパと異なり、日本にアートを楽しむ文化がまだ育ってない点」を疑問に思われ、人とアートの架け橋になるように、自らギャラリーを開設されたそうです。
非日常のアートを日常にというわけです。

お客さんにゆっくり、じっくりアートに触れて欲しいので、都心ではなく、この糸島の地を選ばれました。

糸島の地から「豊かな生活」ってこんな感じじゃないでしょうか?と発信する人がいるなんて、地元民としては嬉しい限りですね〜。

豊かな生活は実践するもの!

今回特別に、Takatoさんの居住スペース(2F)にお邪魔させて頂きました。

↓神は細部に宿る
torre-8

一応、私は建築学科を卒業しているので、今でも建築は大好きですが、建築や空間の美しさは、あらゆるものの「組み合わせ」にあると思っています。

照明や机、椅子の形、そして壁の色や窓からの光の差し込み方などなど。組み合わせは無数にあるのですが、とにかく人の心を打つものは、この組み合わせが完璧です。

完璧になるためには、細部にこだわらないといけないのですが、それを「神は細部に宿る」といいます。ドイツ人の世界的建築家ミース・ファンデル・ローエの言葉だと言われていますが、まさに上記の写真のような感じです。

↓望遠鏡
torre-9

時々、望遠鏡を覗いて、糸島の夜空を楽しんでいらっしゃるとのことです。夜空の星も天空に繰り広げられるアート作品のようなものですよね。
いいですね〜、こういう生活。

今何が必要か?

確かに、今、日本人に必要なのは、アートのある豊かな時間を楽しむ生活かもしれません。

毎年のように謎の機能が追加される電化製品とか、新たに出現する健康グッズとか、ついつい上手なテレビコマーシャルや通販番組にのせられちゃうんですよね。でも、さすがにうんざりな人も多いのではないでしょうか。

こういう商品は値段が高い場合も多いですよね。

アート作品も決して安いわけではありません。でも電化製品のように壊れて使えなくなりはしませんし、健康グッズのように使って何回かで飽きるものでもありません。
心を癒してくれるし、長い目で見ればとてもリーズナブルかもしれません。

ぜひ、日常にアートを!

では、最後にTakatoさんにご登場頂きましょう!
ジャジャンッ!!

 

 

↓Takatoさん
torre-11

Takatoさんはめちゃくちゃユニークなので、顔写すのはNGですが、写真のようなポーズならOKらしいです。
本人自体がアート作品のようです。

お話ししていてとても楽しい方なので、ぜひギャラリー「Torre Dos Cielos(トレ ドス シエロス)」に気軽に遊びに行ってくださいね。

明日も糸島を楽しみます!!

店舗情報

店名:Torre Dos Cielos(トレ ドス シエロス)
営業時間:12:00-17:00
休廊日:月・火曜日(企画展開催時)
※企画展開催以外は不定休
住所:糸島市志摩野北1320-8
HP:https://www.torredoscielos.com/
地図:

(※2016年11月現在の情報です)

**糸島コンシェルジュがいる宿**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)