商店街ベンチ・クラウドファンディング実施中!9/22(土)まで!

【前編】醤油界の革命児!城さんの「ミツル醤油」で醤油作りワークショップ!

こんにちは!

要注目の観光地・福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。
本日もブログ訪問ありがとうございます!

先日は、糸島・二丈にある、ミツル醤油醸造元にお出かけしてきました!

福岡市で開催された、100年ごはんという、大林千茱萸(ちぐみ)監督の映画上映会の一環として、醤油作り醤油蔵見学、そしてさらに醤油テイスティングという、とても贅沢な企画が行われたのです。

まずは「前編」として、醤油作りワークショップまでご案内します!(後編もお楽しみに!)

醤油は明日、明後日出来るものではない!

↓醤油蔵近くの公民館にて
mitsuru - 1

mitsuru - 2

醤油蔵近くの公民館にて、約15名ほどの人が集まってのワークショップです。
ミツル醤油の城慶典さんは、醤油界の革命児!とも言われ、最近自社醸造を復活させたことで、全国的にも注目を浴びています。

↓テレビにも特集されました
mitsuru - 9

Crossroad(クロスロード)という、テレビ東京系の番組にも特集されたほどです。

何がすごいのかさっぱり分からない人が多いと思いますが、実は、全国のほとんどの醤油蔵は「醤油を作っていない」のです。
私もつい最近そのことを知りましたが、普通の醤油蔵が何をやっているかというと、組合などから醤油を買って、味付け・火入れをしているだけなのです。

戦後の合理化の流れで起きた出来事だったのですが、同時に蔵の個性がどんどん薄くなっていきました。
また、同じ頃から醤油が健康を害するなどという悪評も立って、消費量自体もどんどん減っていっています。

個人的には、健康への害は添加物や、近代的な製法である、イオン交換膜法による「かなり純粋な塩化ナトリウム(つまりは食塩)」の影響も相当無視できないんじゃないかと思っていますが、それは置いておいて、とにかく「どうにかせねば!」と、徐々に昔ながらの醤油作りに興味を持つ醤油蔵も増えてきました。

しかし、とにかく設備を整えるのにお金と時間がかかります。

しかも本来醤油は2年から3年かけて作るものです。明日、明後日できるもんじゃないんです!

資金の回収となると気が遠くなります。。。

誰もが躊躇していたところに、先陣を切ったのが、ミツル醤油醸造元の城さんだったのです!
(詳細は職人醤油をチェック!)

楽しいワークショップ!思わぬプレゼントも!

醤油作りのワークショップです!必要な道具一式はすでに準備されています。

 

↓道具一式
mitsuru - 3

・醤油麹 500g
・塩 200g
・水 700ml

必要なものはこれだけ!醤油麹は糸島産の大豆と小麦が使われています。塩は沖縄の塩でした。

↓ペットボトルへ
mitsuru - 4

まずは醤油麹をバラバラにして、ペットボトルへ押し込みます。

↓塩水を作ります
mitsuru - 5

次に塩水を作りますが、これ、案外溶けません。笑。かなり一生懸命撹拌します。

↓塩水を注ぎます
mitsuru - 6

麹菌の力で、大豆のアミノ酸が分解されて、旨み成分に変わります。同じように小麦ブドウ糖に分解されて、甘み成分につながります。
だから、「本物の醤油」は甘味料の力を借りなくても十分甘いはずなんですよね〜。

糸島の北伊醤油で話を伺った時は、「本来九州の醤油はそんなに甘くなかったけど、戦後すぐに醤油が必要だって時に、手っ取り早く合成甘味料を使い出したから、『九州の醤油は甘い』って定番になってしまった」とおっしゃっていたのを思い出しました。

こんな話は蔵元に行かないとなかなか聞けません。

↓出来上がり!
mitsuru - 7

ジャーン!出来上がりです!簡単!

でもここから2年かかります。手間暇かかるんですよー。時々振る必要あるんですが、がんばろー!
ってここで、城さんが青ざめた様子。。。

どうやら水の分量を間違えたとのこと。なんと!この手の醤油作りワークショップを6年やっていて初めての事態だそう!!そんなことあるんですね〜。

↓二本ゲット!
mitsuru - 8

というわけで、めでたく(?)二本ゲットしました。

美味しいランチ

↓ランチ
mitsuru - 10

ちなみに、今回の100年ごはん上映&醤油作りワークショップイベントの主催は、酵素玄米ランチで有名な、もみの木さん(福岡市・西新)。

ランチは酵素玄米ピビンパという、美味しくてヘルシーな料理でした。

長岡式酵素玄米はタイのチェンマイで食べたのが最初でしたが、もちもちとしていて、少量でもお腹いっぱいになるのが不思議です。

さて、お腹いっぱいになった後は、醤油蔵見学です!後編に続きます!

店舗情報

店名:ミツル醤油醸造元
営業時間:9:00-18:00
定休日:日、祝日
住所:糸島市二丈深江925-2
HP:http://www.mitsuru-shoyu.com/
地図:

(※2016年12月現在の情報です)

**糸島コンシェルジュがいる宿**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)