タイではこれで病気を治す!?優しいお母さんが作るフレッシュハーブジュース! , Chiang Mai , Thailand

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「タイ」で2015年11月17日に、私たちが体験したお話です。

超珍しい、フレッシュハーブドリンクショップ!

チェンマイにいます。
ここでは、あまり自炊設備の整った宿泊施設がないので、外食が中心になります。
うまいっちゃうまいですが、野菜がそれほど食べれるわけではありません。

うー、野菜が食べたいと思っていたら、面白いお店を発見しました。
Noi’s “Fresh Daily” Thai Herbal Juices」です。旧市街から南東方向の、Kampaeng Din通りにあります。

Chiang Mai - 86shop1

Chiang Mai - 88owner

毎朝、店主のヌイさんが「手作り・無添加」で作る、フレッシュハーブドリンク

緑の色彩が超強烈です。体に効きそう。笑。
案外、私はこういうの大好きタイプなので、早速チャレンジ!

Chiang Mai - 87shop2
↑Pennywortというハーブドリンク。日本名はツボクサ。20バーツ(約60円、2015年現在)

おー!Pennywortは葉っぱってかんじの、緑緑した味ですね。青汁のよう。
ちょっと砂糖が入っているので、飲みやすくなっています。
砂糖ありもおいしく飲めましたが、砂糖なしもあって、もしかしたら自分はそっちのほうがいけるかも。

ホームページを見ると、2009年にガンにかかったヌイさんが、手術後に(何人もの家族がガンで亡くなっていたので)、生活習慣を変えねば!と思って、タイ古来から伝わるハーブを研究しはじめたのが、ジュース屋さんを始めた直接のきっかけだったそうです。

 

超優しいお母さんが作る、自分の命を救ったハーブジュース

実はタイはハーブ王国と呼ばれるほど、様々な種類のハーブが食用に利用されてきました。
やっぱり、その土地にはその土地なりの素晴らしい伝統が息づいていたんですね。

最初にトライしたハーブは、Bai-Ya-Nang(バイ・ヤー・ナーン、日本名ツヅラフジ?)で、タイでは割と料理で使われるハーブですが、ドリンクにして飲んだら、手術後の副作用が劇的に緩和したので、友人など病気で困っている人に、最初は無料で分け与えていたそうです。

超いい人!!

周囲の人がさすがにこれでは「破産する!」と思ったそうで、それでお店を出してビジネスを始めたようです。

あー、そういえば、店頭で私たちが「これ何だ!?」「どんな効果あるんだ!?」ってめっちゃ興味津々で聞いていたら、「トライ!」って言って、思いっきり商品のペットボトルのキャップ回しましたからね。

もともとチャレンジする気だったので、「大丈夫大丈夫、お金払うよ!」って言って、商品を買いましたが、この話を聞くと、あれ、サンプルで私たちにあげる気だったんでしょうね。すごいな。

そして、やっぱりハーブが面白いなと思った私は翌日もお店へ!
Bai-Ya-Nangを買ってみました。

Chiang Mai - 91shop3
↑Bai-Ya-Nang、25バーツ

おー。Pennywortに比べると、かなり薄めの味ですが、ちょっとお米のような穀物っぽい味がしますね。
さらっとして飲みやすいかも。


 

<追記>
Chiang Mai - 92herb

さらに後日、Khow Tongというハーブジュースを試してみました。
これはかなり強烈。最初柑橘系の味がしますが、すぐに菊茶みたいなしぶ〜い味になります。


 

タイ人に話を聞くと、タイではガンとか病気になったとき、ハーブで治す人がけっこういるようです。
もちろん、「これを飲んで病気が治りました」って言うためには医学的にちゃんと検証しないと言えないわけですが、あくまで、個人の体験談としては、ハーブで病気が治ったと言う人がいっぱいいるのです。

ハーブ文化って面白いなぁと思います。
タイ人が家庭料理を作る際は、けっこうハーブ使うみたいですが、チェンマイの屋台や食堂のメニューではそれほど多く見かけることはありません。レモングラスかパクチーはちょくちょくメニューに載りますが。。。
やっぱり保存とか面倒くさいからですかねぇ。

屋台とかでもっとハーブ料理食べれたら面白いのになぁと思います。

とにかく、ヌイさんのお店はオススメです!
慢性的になんらかの体調不良を抱えているという人は、わざわざヌイさんにハーブのアドバイスを求めて、チェンマイにやってくるのもアリだと思います。しばらくハーブジュースを飲み続けると、本当に効果が出てくるかもしれません。

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)