商店街ベンチ・クラウドファンディング実施中!9/22(土)まで!

Convenient!! Bogotá official city tour!!, Bogotá, Colombia

A free tour by the Bogotá tourism office

We are in Bogotá, Colombia. Here, the security is important. So we need to think where is safe to go for sightseeing.
Then, we recommend a free tour by the Bogotá tourism office.

On the corner of the plaza Bolívar, there is the tourism office. So we needed reservation here.

Everyday they had a free tour twice a day. Basically volunteers were in Spanish, but only Tuesday and Thursday, they can guide in English.
This office was useful because they told us the ‘dangerous zone of the city’ and we could get a nice detailed map. I think you can go there when you arrive at Bogotá.
(Their suggestion for us was not to go outside of Calle 7 and outside of Carrera 10.)

In Bogotá southern area was more dangerous, so my Japanese friend living here said she basically did not go to southern area.

Bogota - 19touroffice
↑A tourism office on the corner of the plaza Bolívar.

 

Interesting historical area!

We joined a tour from 10:00. The members were from Chili, France, England, and Hong Kong..from so many countries.

At first, the guide explained about the history of Colombia, plaza Bolívar and historical buildings.

Bogota - 23tourstart
↑Explanation in the plaza
Bogota - 21town1
↑Walking around the historical area

By rhe way, Address in Bogotá is conbination of East-west axis ‘Carrera : KR’ and South-north axis ‘Calle : CL.’ It is similar to Kyoto, Japan.
However here, in those days, each street had ‘names,’ so we could find the vestige in the central area.
For example, in the following photo, you can see the old name of ‘Calle de la Ensenanaz.’
The guide told us so. Interesting! I felt  as if  I found the small secret of the city.

Bogota - 24sign
↑the name of streets

A large library local people love

In the tour I liked the place of ‘Fondo de cultura Económica.’
This place had a library, book store, cafe, and theater. Every day, they have a ‘free’ event.

Free movie theater, free salsa lesson, etc…

Bogota - 25library

Bogota - 26library2
↑On the wall of the book store, we could check the event schedule.
Bogota - 27library3
↑Event schedule

‘Domingos de danza’ is a free dance lesson on Sunday.

It is nice area that local people gather every day. So we recommend it!

 

ボゴタ観光案内所主催ツアーは超便利!, Bogotá, Colombia

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「コロンビア」で2015年2月3日に、私たちが体験したお話です。

ボゴタ観光案内所の「無料」ツアー

コロンビアの首都ボゴタを観光しようと思うと、治安を考えるとどこをどう移動すればいいのか迷うもの。
そこでおすすめなのが、ボゴタの観光案内所が主催する「無料」ツアー!です。

ボリーバル広場の角にある、「観光案内所」に行って、「予約」をする必要があります。(1回20人くらい)
毎日10:00からと14:00からの2回開催で、2時間のツアーになります。基本スペイン語での解説ですが、「火曜」と「木曜」のみ「英語」です。

なお、ここでは、ボゴタの詳細なマップも無料でもらえるし、「危険エリア」も教えてくれます。観光客はまず行くべきだと思います。
(私たちはCalle 7より外側、Carrera 10より外側のエリアへは行かないようにとアドバイスもらいました。)

ボゴタの場合、基本的に、「南」へ行けば行くほど治安が「悪く」なるようで、現地在住の日本人もあまり南側へは行かないようにしていると言っていました。

Bogota - 19touroffice
↑ボリーバル広場の角にある観光案内所。コロンビアの国旗が目印。

 

10:00からのツアーに参加!

私たちは、10:00からのツアーに参加しました。
参加者もチリやフランス、イギリス、香港など多彩な顔ぶれ。

まずは、コロンビアの歴史やボリーバル広場や周辺の歴史的建造物の紹介をしてくれました。

Bogota - 23tourstart
↑ボリーバル広場で解説
Bogota - 21town1
↑今度は、中心市街地を歩きながら解説

ちなみに、コロンビアの「住所」は基本的に、東西方向の「Carrera(カレーラ、略称KR)」、南北方向の「Calle(カジェ、略称CL)」の組み合わせで表現します。

京都に似てますね。

例えば「Kr 5 no. 11-28」なら、Carrera 5通りに面していて、Calle 11と交差するエリアで28番地の家ということになります。
しかし、面白いことに、かつては通りにちゃんと「名前」が付いていたらしく、中心市街地にはその名残があります。
下の写真なら、かつての通り名「Calle de la Ensenanaz」って右下のほうに書いてあります。
この細かい解説をしてくれるのもツアーのポイントです。

Bogota - 24sign
↑通りの見方が分かるようになると、迷わずに歩けます。

地元っ子も大好きな「図書館」

ツアー中に気に入ったのが、「Fondo de cultura Económica」という建物。

図書館や本屋、カフェなどが併設されており、毎日なにかしら「無料」のイベントが開催されています。
映画の無料上映とか、無料サルサレッスンとか。。。

Bogota - 25library
Bogota - 26library2
↑本屋の横に「イベントスケジュール」あります。
Bogota - 27library3
↑「Domingos de danza」日曜日に無料のダンス教室があるみたいです。

ここは、ボリーバル広場から近く、比較的安全なエリアに位置しています。地元の人達も大好きな施設ということで、もしボゴタでやることないな〜と思ったらぜひ足を運んでください!

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)