糸島の本格自家焙煎コーヒー「Petani coffee」

<スポンサード リンク>

こんにちは!
福岡・糸島に戻った、のぎー&かなです。
世界一周旅行中はグアテマラのコーヒー農園に見学に行ったり、コロンビアで最高に美味しいカフェに行ったりとコーヒー三昧の日々でした。

糸島はドライブがてらカフェでのんびりする、休日の過ごし方が定着してきているため、美味しいカフェが増えてきているのも特徴です。
早速お勧めのカフェ「ペタニコーヒー (petani coffee)」 さんをご紹介します。

■広々とした空間でまったり

Itoshima - petani1

Itoshima -petani2

焙煎所&カフェのPetani coffeeさん。旧志摩町役場のすぐ近くで、周りには大きなスーパーマーケットなどがあって、買い物帰りに寄るにもいい立地ですね。
結構カフェ空間は広くて、白を基調とした内装が凛々しい雰囲気を醸し出しています。そして緑がいっぱい!!コーヒー農園にやってきたような気分にもなります。

焙煎機も店内にあるので、時折、焙煎したての豆の香ばしい香りが漂ってきて、とてもリラックスした気分になります。
糸島本や旅行系の雑誌も店内に置いてあるので、なんだかまったりと長居したくなります。

■こだわりの豆

<スポンサード リンク>

お店のこだわりはやっぱり豆です。世界中から選りすぐった、オーガニックやフェアトレードの豆がいっぱいあります。

皆様の笑顔が、生産者の笑顔にも繋がると信じてそんな間に自分たちが居れたらこんな幸せなことはないです。
ちなみに「Petani」ってインドネシア語で「百姓」って意味。
「Petani coffee」を手にしたら、時々で構わないので生産者の笑顔を想像して飲んでみて下さい。

ペタニコーヒー ホームページより

コーヒー豆生産者と消費者をつなぐ意識が素晴らしいですね!
なんで、店名の由来がインドネシア語なのか、興味が湧きますね。今度聞いてみようっと。

豆もコロンビアやグアテマラの豆を使っていて、私たち的にはとても馴染み深いです。
エチオピアの「イルガチェフェ」もありますね!

これは東京のこだわりのカフェでも飲んだことあります!よく聞く名前です。確かに美味しい。もはや一つのブランドですね。

Itoshima - petani3
↑エチオピア イルガチェフェ ナチュラル

フルーティで苦味もほとんどなく、飲みやすかったです。
Petani coffeeでは、それぞれの豆の特徴を活かしながら、浅煎りから深煎りまで、段階的に豆を揃えてあります。
その日の気分次第で、色々な味を楽しめるのもポイントですね。

■人々が集う場所

私たちは平日の午後に訪れましたが、近所で働いている人や、遠くからわざわざやってきたと思われる人など、様々な人がコーヒーを楽しんでいました。皆さん、コーヒー片手に話に花を咲かせていましたよ。

petani people
↑ホームページで紹介されていた、常連の皆さん。

面白いことに、ホームページでは常連さんが紹介されています。なかなかカフェのホームページとしては珍しい試み。
地域に寄り添う姿勢が明確ですね。

ぜひまた訪れたいカフェでした。

Comments(コメント・質問)

<ことのはの予約>
↓ 民泊サイトAirbnbより
↓または、ホームページの「宿泊予約フォーム」よりお申込みください。

<スポンサード リンク>

福岡に来るならスカイマーク!


面倒な会員登録をしないでホテルを予約しよう!

糸島の本格自家焙煎コーヒー「Petani coffee」” への3件のフィードバック

  1. ピンバック: うまい海鮮丼!と新鮮直売所「志摩の四季」

  2. ピンバック: 東京からの友人を糸島案内!テーマは「クリエイティブ・コミュニティツアー」

  3. ピンバック: 陶器で飲む、まろやかコーヒー「町家カフェ 太郎茶屋鎌倉 糸島店」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。