「Tana Cafe(タナカフェ)」中米で豆を直接買い付ける自家焙煎カフェ

今日も素晴らしい一日を!
福岡県糸島市で、ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。
記事をご覧くださり、本当にありがとうございます!

Tana Cafe + Coffee Roasterは前原商店街の「ここのき」内にある、自家焙煎カフェです。姉妹店に「UNIDOS」もあります。
オーナーの田中さんは毎年中米にまで足を運び、生産者と交流を深めながらコーヒー豆を仕入れておられます。
ダイレクトトレード」と呼ばれる試みで、コーヒー農家さんの想いも一杯のコーヒーに込められています。

「Tana Cafe」の外観・内観・メニュー表

外観

kokonokioutside - 外観
タナカフェ外観

Made in Itoshimaの雑貨を扱う「ここのき」内にタナカフェはあります。

内観

内観
内観
内観
内観

温かみのある木材がたくさん使われていて、ナチュラルな雰囲気が漂う店内です。

コーヒー豆の販売コーナー
コーヒー豆の販売コーナー

ここのきとの境の棚には、コーヒー豆がたくさん並んでいます。
どの袋の横にも生産者さんの顔写真が置かれています。

生産者さんの顔写真
生産者さんの顔写真
生産者さんの顔写真
生産者さんの顔写真

オリジナルブレンドももちろんありますが、タナカフェでは自分で直接交渉して仕入れた中米の農家さん単独のコーヒー豆が販売されています。

日本には数多くのカフェがありますが、コーヒー農家さんと直接取引をするお店はごくごくわずかです。
コミュニケーションや輸出入において様々なリスクがあるため、多くの人は手が出せないと思います。
それに挑戦するお店が前原商店街にあるとは、私たちはなんとも恵まれています!

メニュー表

メニュー表
メニュー表

メニューはカウンターの上の黒板に書かれています。

コーヒーの注文方法
コーヒーの注文方法

コーヒーの注文の仕方が少し独特です。

お好みの豆を選びましょう!

テイスティングコーナーがあり、7〜10本のボトルが置いてありますので、試し飲みしてからどれか一つを選びましょう!

テイスティングコーナー
テイスティングコーナー
試飲中
試飲中
コーヒーの抽出方法を選びましょう!

フレンチプレス」式と「クレバードリップ」式のどちらかを選びます。
前者は、素材そのものの味をダイレクトに抽出するので、奥行きのある味わいとなります。
後者は、ペーパーフィルターで漉すのでフレンチプレスよりはすっきりした味わいで、かつ豆の味をダイレクトに表現できます。

「Tana Cafe」の飲み物

コーヒー(フレンチプレス)

コーヒー(フレンチプレス)
コーヒー(フレンチプレス)
コーヒー(フレンチプレス)
コーヒー(フレンチプレス)

大きめのカップにたくさんのコーヒーが入っていますので、ゆっくりと味わいを楽しめます。
一口サイズのクッキーが付いているのもポイントです!

今回頼んだのは、ニカラグアのLA PICONA農園のコーヒーでした。
チョコレートのような濃厚な香りが特徴的です。
口当たりが優しくて、余韻を引くちょっとした酸味がこれまた美味しい。

農園ごとに味わいが全く違いますので、お気に入りの一杯をぜひ見つけてくださいね。

カフェラテ

カフェラテ

しっかりとラテアートも作ってくれます。
コーヒーの味がしっかりしているので、ミルクに負けてない味わい深いカフェラテですね。
時々ラテアートのワークショップも開催されてますので、公式Facebookページなどをチェックされてください。

バナナモカシェイク

バナナモカシェイク
バナナモカシェイク

また、デザート気分で注文できるシェイクもあります。
バナナとモカの自然な甘さが、リラックスさせてくれます。

クッキークリームシェイク

クッキークリームシェイク
クッキークリームシェイク

クッキークリームシェイクはコーヒーがベースなので、アイス状のコーヒーを食べている感じです。クッキーのサクサクの食感も加わって、とても面白いです!


ダイレクトトレードへの想い

タナカフェの豆は中米から

コーヒー農園の様子を描いた絵画
コーヒー農園の様子を描いた絵画

私たちも中南米を旅行した時に、グアテマラのコーヒー農園に見学に行きましたが、まさにこんな風景でした。
コーヒー豆のピッキングも神業のように素早く、斜面なので機械化も進まず、本当に重労働だなと思いました。

エルサルバドルとニカラグアの地図
エルサルバドルとニカラグアの地図

タナカフェの田中さんが仕入れに行っているのは、主にエルサルバドルニカラグアです。
正直、とても治安が悪いエリアもあって、旅人もなかなか足を踏み入れがたい土地です。
本当にすごいなぁと思います。

生産者の顔が見えるコーヒーを!

田中さんは自分で焙煎を始める前は、大手のコーヒーチェーンで働いておられました。
独立してから、「あれっ、自分コーヒーのこと何にも知らないな・・・」と感じるきっかけがあり、ダイレクトトレードに興味を持ったとおっしゃってました。

確かに、農園がどういう雰囲気で、どのようにコーヒー豆が収穫され、どうやって日本に運ばれるのか・・・
日本に到着してから消費者の口に運ばれるまでも、たくさんのプロセスが待っています。

多くの人はそれをどうでも良いと思うか、本で知識を得るかだと思いますが、田中さんの場合は、現地にまで足を運ぶ方法を取られました。

やはり現地に行くと、生産者さんたちは圧倒的な熱意を持って、常に良いものを生み出そうと努力をしておられたそうです。

Tana cafe HPでの生産者さんのご紹介

そこから、「生産者の顔が見えるコーヒー」というタナカフェのコンセプトが確固たるものとなっていきました。

生産者をパートナーと捉えるのが素晴らしい考え方ですね。
消費者のすぐ近くにいるロースターの田中さんが、現地で生産者さんにフィードバックを伝えることで、さらにコーヒー豆の品質が向上しているそうです。

それを世界規模で行っている田中さんは本当にすごいです。

またダイレクトトレードをすると、適正価格でコーヒー豆を買うので、買い叩かれる心配がなくなり、生産者さんは安心して栽培に専念できるメリットがあります。

お店のまとめ

Tana Cafe + Coffee Roasterはダイレクトトレードで、中米から直接コーヒー豆を買い付ける、とても貴重なカフェです。

一杯のコーヒーには多くの人の想いが込められています。
そこに想像を巡らせながら、美味しいコーヒーを飲めるのがタナカフェさんの最大の魅力です。

糸島雑貨を取り扱う「ここのき」内にありますので、買い物ついでに立ち寄るのもとても良いですね。

姉妹店のUNIDOSもチェックされてください。

unidos-6「COFFEE UNIDOS(ウニドス)」巨大な焙煎機が目立つ、コーヒー豆販売専門店

店舗情報

(※2019年8月現在の情報です)
店名:Tana Cafe + Coffee Roaster(タナカフェ)
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜
禁煙・喫煙:禁煙
駐車場:あり
電話:092-321-2008
HP:http://tanacafe.jp/
住所:糸島市前原中央3-9-1
地図:

「癒し」と「わくわく」の糸島でお待ちしております!

**糸島観光&移住の相談ができる宿**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
Itoshima Guesthouse Kotonoha
↓↓
糸島宿泊について調べる

お気軽な質問はコチラへ!
→LINE ID:@ikotonoha