商店街ベンチ・クラウドファンディング実施中!9/22(土)まで!

【店名変更】陶器で飲む、まろやかコーヒー「(現 田園茶屋 いとわ)町家カフェ 太郎茶屋鎌倉 糸島店」

【*2018年3月現在、店名が「田園茶屋 いとわ」に変更になっております。経営者は同じですが、フランチャイズからは抜けておられます】

こんにちは!

要注目の観光地・福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。
本日もブログ訪問ありがとうございます!

「町家カフェ 太郎茶屋鎌倉」はご存知でしょうか?

チェーン店のカフェ・レストランなので各所で見かけるかもしれませんが、コンビニのようなフランチャイズとは異なり、メニューや価格、仕入れの決定を各店で行えるため、それぞれが独自の味・サービスを提供しています。

糸島の志摩吉田に、「糸島店」がありますので、行って参りました!!

↓立地
kamakura map

立地は、糸島の中心・筑前前原からちょうど海側にまっすぐ向かった場所にあります。海に行く時に寄りやすいですね。

3タイプに分かれる店内

↓和の雰囲気のある外観
kamakura - 1

外観は、和の雰囲気を感じさせて、落ち着きがあります。本当に「お茶屋さん」って感じです。
気軽に入りやすいです。

お店は広くて、3タイプの部屋に分かれています。

↓テーブル席
kamakura - 2

↓ソファ席
kamakura - 3

↓お座敷
kamakura - 4

主婦同士でおしゃべりに来るなら、テーブル席、一人でのんびりしたい時はソファ席、子連れの時はお座敷など状況に応じて使い分けが出来そうですね!

↓新聞もあります!
kamakura - 5

おっ!新聞ラックもあります。これはコーヒー一杯飲みながら、ちょっと長居しても大丈夫というサインですね。
ゆっくりくつろぐことができそうです。

地元の食材や生産物も使ったメニュー!

一般的なチェーン店の画一的なメニューとは異なり、地元の食材も取り入れたメニュー構成が可能なのが「鎌倉」の魅力です!
今回は、お茶と甘味だけ頂いたのですが、地元の超こだわり卵「つまんでご卵」地元のお米や食材、醤油などの調味料を使った食事メニューが一杯あります。
つまんでご卵ロールケーキについての記事も参考に!)

次回は食事もしたいです。町家おばんざい定食や、焼きカレーメニューなどが人気なんだとか。

そして、コーヒーは地元のPetani coffeeを使っています。(Petani coffee訪問記事もチェック!)

↓コーヒーと甘味
kamakura - 6
kamakura - 7

相当自由度が高いメニューが作れるんでしょうね。メニュー表を見ると、チェーン店とは思えないほどのものすごい量のメニューがあります!
店主の江熊さん曰く、「これも作れるな〜あれも作れるな〜ってやっていたら、メニューがどんどん増えてしまいました」とのこと。

糸島は素晴らしい食材に溢れているので、シェフの創造力を刺激するのかもしれません。

ちなみに、写真のコーヒーは実は普通のコーヒーではありません。
セルフドリップコーヒーです!自分で淹れます!(あっ、もちろん普通のブレンドコーヒーなどもメニューにあります。)

こんな感じで入れるのですよ〜。

鎌倉式セルフドリップコーヒー!

鎌倉特注のセルフドリップセットです。面白いですね。
やり方は以下のように!

↓まず姿勢良くお湯を注ぐ
kamakura - 8

お湯をフィルターの中のコーヒーにゆっくり注いでいきます!
ある程度コーヒーがお湯を含んだら、一旦お湯をストップして、10秒ほど蒸らします。
やっぱり姿勢の良さが肝心ですね!儀式みたいなもんです。

↓お湯がフィルターを伝って、下に落ちないようにゆっくり注ぐ!
kamakura - 9

蒸らし終わったら、ゆっくりとまんべんなくお湯を注ぎます。
コーヒーの上にお湯が溜まるほど注ぐと、フィルターを伝って、お湯が下に落ちてしまいますから、慌てずにゆっくりと注ぎます!
心を落ち着けるのです!

↓ポットに抽出したコーヒーをカップへ!
kamakura - 10

抽出が完了したら、陶器のポットからコーヒーをカップへ注ぎます!
ジャーン!ようやく完成です!

kamakura - 11

美味しい!
Petani coffee焙煎の豆だから美味しいとも言えますが、それ以上に陶器で飲むとまろやかさが加わります。
陶器のぼってりとした厚みがまろやかに感じさせるとか、陶器の表面は微細な凹凸があって、それが味をまろやかにしているとか色々言われます。

普通のお店では磁器でコーヒーを出されることが多いと思います。あっ、某コーヒーチェーンは紙コップにプラスチックのカップですねぇ。
陶器でコーヒーって新鮮でいいなぁ。

某コーヒーチェーンは最高級の豆のはずなのに、なんかマズイな〜と思っていたのですが、もしかするとあのプラスチックのカップがダメなんじゃないかとふと思いました。

↓窓からの景色
kamakura - 12

窓の外は農村風景が広がっています。落ち着くな〜。

↓店主の江熊さん夫妻と!
kamakura - 13

今日は美味しいコーヒーをありがとうございました!

明日も糸島を楽しみます!!

店舗情報

店名:現 田園茶屋 いとわ(旧 町家カフェ 太郎茶屋鎌倉 糸島店)
営業時間:10:00-17:00(土日祝は20:00まで)
定休日:不定休
住所:糸島市志摩吉田1640-2
HP:https://www.facebook.com/fuluoka.denyentyaya.itowa/
地図:

(※2016年6月現在の情報です)

**糸島コンシェルジュがいる宿**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)