東京五輪へ向け、「有機」の追い風が吹く!こだわりの農産物販売所「にぎやかな春」

こんにちは!
世界一周旅行から、地元の福岡・糸島に戻ったのぎー&かなです!
先日は、志摩・桜井にある、「つまんでご卵」とこだわりの農産物直売所の「にぎやかな春」さんに行ってきました!
すぐ近くには系列の「つまんでご卵のケーキ工房」や2016年にオープンしたばかりのスムージー屋さん「Blue Roof」さんもあって、一緒に回るのにとても楽しいエリアになってきましたね!

1999年オープンの「社長が食べたいもの」だらけのお店!

nigiyaka - 1

2015年12月に改装したばかりで、白を基調としたモダンな雰囲気になっています。

nigiyaka - 2

オープンが1999年で、近年の糸島ブームの下地を作ってくれたお店だと思います。
店名が面白いですよね。「にぎやかな春」

「春になっても鳥のさえずりが無い、沈黙の春がきてしまう」
レイチェルカーソンの名著「沈黙の春」からきています。
「それとは逆の店を作ろうじゃないか」
社長の想いがこの店名には込められています。(にぎやかな春HPより)

数十年前に海洋生物学者が書いた、農薬や化学物質の危険性を世界中に知らせた名著です。

本を読んで、「確かに、そうかも!?」と思っても、消費者にとって選択肢がなければどうしようもありません。こだわりの商品を置いてくれる、こういうお店の存在はありがたいですね!

 

nigiyaka - 3
↑生産状況を分かりやすく教えてくれるシール

こういうシールって、案外「生産者」さんたちに対する意識に影響があるかもしれませんね。

農薬と化学肥料と除草剤を使った「赤」と「黄」と「青」のレッテルを貼られるのは、「沈黙の春」が出て、それらの有害性をみんなが知っている状況では後ろめたいものがあるのではないでしょうか。

普通のスーパーでは、これらは「慣行栽培」と呼ばれて、何も印がありません。つまりは「スタンダード」という扱いですね。「オーガニック」とかの方がしっかり表示が必要で、むしろ「普通じゃない」んです。

東京五輪までに「オーガニック」の機運は高まるか!?

「東京五輪 「有機」に商機?選手村の食材 優先調達の可能性」『朝日新聞 朝刊』(2016年2月14日) | 小川孔輔のウェブサイトに書かれているように、2016年のリオデジャネイロ五輪では選手村や競技場のために、「有機農産物」の優先調達が盛り込まれていて、2020年の東京五輪でも同程度の水準だと、国産では全然「数」が足りないというのです!

食材調達の基準は、結局、組織委員会が決めるらしいのですが、東京五輪では開催基本計画に「持続可能で環境に優しい食料を使用する」と明記している以上、「普通」の野菜じゃダメそうな状況です。

このままだと「輸入農産物」を使うか、せいぜい「減農薬」か。。。
「TPPでこれからは農産物を輸出だ!!」と息巻いていたら、日本には、国際的にはあまり付加価値がない農産物ばかりだということが、東京五輪のおかげで明らかになった次第です。

せめて、五輪では国産の有機で対応して、「日本の農産物は安全でとても美味しい!」のを世界にアピールしたいですよね〜。

有機認証を得るには最低2年程度しっかり土作りをする必要があります。だからこれからが勝負!行政としても有機農業を応援しようという機運が高まっているようです。
消費者としては、有機農産物を買って応援したいですね。
ここ数年が、オーガニックが特別ではなく、「スタンダード」になる絶好の機会だと思います。

にぎやかな春さんでは、糸島はもとより、九州中から新鮮で安全な農産物をセレクトして置いてあります。

nigiyaka - 4

泳ぐ豚!?
どんな豚か見てみたいですね〜。おそらく社長自ら各地に出向いて、自分の舌で美味しさと安全を確認したものばかり並んでいるんだと思います。
もちろん、看板商品の「つまんでご卵」も人気です。生産量が限られているので、閉店間際に私たちがお店に行くと売り切れていましたが。

魅惑のBBQも出来る!

にぎやかな春さんがユニークなところは、こだわりの農産物が買えるだけでなく、こだわりの食材を使って、BBQが出来ることです!

nigiyaka - 5bbq

BBQのメニューを見ていると、これだけの量と質でこの値段か!と思うほど、リーズナブルだと思います!

近々BBQしに行きたいと思います。メニューリストの「自信満々」な書き方がいいですよね。

「日本最高峰!」って言う人はなかなかいません。こだわりの半端なさが伝わってきます。

なお、イートインコーナーもあって、こちらでは、つまんでご卵を使った、「卵かけご飯」が楽しめます!

nigiyaka - 5

nigiyaka - 6

これは食べたいなぁ。。。。閉店間際なので食べれませんでしたが、次回はこれも食べようと思います。これだけでご馳走だなぁ。

明日も糸島を楽しみます!!

店舗情報

店名:にぎやかな春
営業時間:9:30-17:00
定休日:年始
住所:糸島市志摩桜井5250-1
HP:http://natural-egg.co.jp/top_spring/
地図:

(※2016年3月現在の情報です)

**糸島コンシェルジュがいる宿**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)