うまい海鮮丼!と新鮮直売所「志摩の四季」

<スポンサード リンク>

こんにちは!
世界一周旅行から、福岡・糸島に戻ったのぎー&かなです!
新鮮な農産・水産物で有名な糸島には、新鮮な食材を手に入れるための直売所がいくつかあって、福岡県内はもとより、最近では評判を聞きつけて、関東あたりから来たお客さんもふらっと立ち寄ると言います。

そのうちの一つ、「志摩の四季」さんを訪れました。

■新鮮な魚を買うならここ!

なんといっても、ここは新鮮な魚が揃うことで定評があります。
船越や芥屋、野北、加布里などの漁港で取れた、魚や貝などが並んでいます。

shima - 5

いろんな魚が並んでいて、見ていて楽しいですね〜。
面白いのは、それぞれ釣り上げた漁船ごとに陳列してあることです!

shima - 7

shima - 8
↑漁船ごとの陳列方法

普通の魚屋さんに行っても、漁船の情報なんて書いてないですよね。
「オレが釣り上げてきた魚だ〜」という誇りにもつながって、漁師さんにとってもいい効果があるでしょうね。

釣れたばかりの新鮮な魚はとても人気があって、昼過ぎるとかなり数が減るようです。買うなら、午前中に行くべきですね。
もちろん、海が荒れた場合は、漁が行われない場合もあるので、注意が必要です。
ホームページでは、朝8時〜9時半の間に入荷状況中継を行っているみたいですので、これをチェックしてから向かうのもおすすめです!

志摩四季さんでは、近くの農家さんが持ち込んだ、野菜や果物も売られています。

shima - 6
↑新鮮な野菜

時々、農家さんが商品を持ち込んでいる姿が垣間見られて、話しかけることもできます。やっぱり生産者さんとコミュニケーションが取れると、「あっ、この人が作ったものなんだ〜」って、商品がとても身近に感じられるようになっていいですね。
私たちが訪れた時は、ある農家のおばさまが「はるか」という糸島発祥のみかんを納品に来られていました。見た目がレモンみたいなので、佳奈さんが「はるかって酸っぱいんですか?」と聞いたら、「いえいえ、実はとても甘いんですよー」とおっしゃっていました。

こういう、何気ない会話っていいですよね。やっぱり農家さんが直接持ち込む、直売所ならではですね!

■地元産の海鮮丼

ここでは、ただ買い物をするだけでなく、「志摩の海鮮丼屋」さんがありますので、ゆっくり座って海鮮丼を楽しむことができます。

shima - 1

 

<スポンサード リンク>

フロアは直売所の一角にあるので、かなりカジュアルな雰囲気。昔ながらの食堂に来たような感じです。

shima - 2
↑メニュー表

すごいことに、超高級魚のアラを使った「アラ汁」が付いてきます。まぁ、アラは九州での呼び名で、一般的にはクエと呼ばれるらしいとか、いろいろありますが、とにかく、超高級なのは間違いなく、味もフグを超えるほどの絶品とされています。

冬が旬で、ちょうどその頃、大相撲九州場所が開催されるので、「アラ鍋が食べたくて!」と九州場所を楽しみにされる力士も多いと聞きます。とにかくいい出汁が出るんですね〜。

大盛りで、980円です。アラ汁が付いて、この値段。いいですね。東京だったら、大盛りで1500円から1800円はするかもしれませんね。

shima - 4
↑糸島海鮮丼 大

ジャーン。地元で釣り上げた新鮮な切り身がいっぱい載っています!!!
は〜、うまい!やっぱり新鮮ゆえに、歯ごたえがあります。また合間、合間に飲む、あら汁の旨味といったら!

使っている醤油は、地元の「ミツル醤油」さんです。
甘みのある醤油が九州らしさがありますね。

おいしかった!

■穴場!!近くのお勧めスポット

志摩の四季でお腹いっぱいになったら、どこかに遊びに行きたくなりますよね〜。だからといって、海沿いのカフェに満腹のまま行くのもどうかって感じになると思います。そんな時は、いとしま応援プラザさんにぜひ!

車で3分もかかりません。

ここには、糸島を舞台に活躍していらっしゃる、クラフト作家や陶芸家さんたちの作品が所狭しと並んでいます。
セレクトショップのような趣ですが、今現在、このような場所は、ここのきさんと糸島応援プラザさんくらいじゃないかな〜と思います。

とにかく、たくさんの作家さんたちの作品に出会える貴重な場だと思います。元志摩町役場を改装された建物で、駐車場もとても広いですので、ドライブする時に立ち寄るにはもってこいだと思います。

2階は起業支援施設やイベントスペースになっているそうです。あまり知られていないと思いますが、興味ある方はぜひ利用してみるといいのではないかと思います。

すぐ近くには、ペタニコーヒーさんもあって、このあたりだけでも半日観光が出来そうですね。

志摩の四季周辺は穴場エリアで、魅力もたっぷりだと思いますので、糸島リピーターの方にぜひお勧めします。

明日も糸島を楽しみます!!

Comments(コメント・質問)

<ことのはの予約>
↓ 民泊サイトAirbnbより
↓または、ホームページの「宿泊予約フォーム」よりお申込みください。

<スポンサード リンク>

福岡に来るならスカイマーク!


面倒な会員登録をしないでホテルを予約しよう!

うまい海鮮丼!と新鮮直売所「志摩の四季」” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 東京からの友人を糸島案内!テーマは「クリエイティブ・コミュニティツアー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。