店名が分からないけど、激ウマのタイ料理屋をご紹介 , Chiang Mai , Thailand

こんにちは!

夫婦で一年間の世界一周旅行の後、福岡県糸島市で、
ゲストハウス「前原宿(まえばるしゅく)ことのは」を運営する、のぎー&かなです。

本日もブログ訪問ありがとうございます!

さて、「タイ」で2015年11月9日に、私たちが体験したお話です。

本当に美味しかった、名前が不明の食堂

今日もチェンマイにいます。
タイは料理がうまい!

チェンマイにはタイ料理レストランや屋台がいっぱいあるので、選択肢はいっぱいあって、美味しいのですが、まぁ、メニューや味はどこも似ているといえば似ています。

移住者やヨガに興味ある人も多いので、マクロビ料理や和食もいっぱいありますが、いわゆる庶民的なタイ料理屋さん(食堂)で、ここは他とは全く違うと感じたのはこの一軒でした!

Chiang Mai - 54food1
↑この「Organic Vegetables」という文字が目印!

ちなみに、店名は「J’s restaurant」だったと思いますが、そもそも表にはタイ文字しかないので、店名覚えてもあまり意味ないです。笑。

ニマンヘミン通りから少し入った場所で、同じ並びに「MU’s KATSU」という評判のトンカツレストランがあったと思うので、参考にしてください。

Chiang Mai - 55food2
↑席はけっこう埋まっています。

店名から、観光客向けのお店だと思うのですが、けっこう地元の人も見かけます。

Chiang Mai - 56food3
↑クリスピーポークとケール(カナァ)の炒め物

Chiang Mai - 57food4
↑揚げ豆腐と野菜のあんかけ

 

メニューはものすごいいっぱいあります!

個人的にこのお店は他とは違うなと思ったのは、「野菜が新鮮」ということです。(今回は夜に来て、別の日は昼に来たのですが、なぜか夜のほうがより新鮮だった気がします。)

とにかく屋台や食堂などでは、設備が簡素すぎて野菜の保存に不向きなので、タイ特有の暑さで疲れたような野菜が出てくる場合もけっこうあります。
ゆえに、どこも味がほとんど同じ感じがするのですが、ここのは明らかに新鮮だ!って分かるぐらい、シャキシャキしていて、ちょっとビックリしました!

不思議なもので、野菜の鮮度が違うと食感が変わるので、味が全然他の店と違ってくるんですよねぇ。

看板にあるように、ちゃんとオーガニック野菜をセレクトしていて、野菜が元気なのかもしれません。
しかも、他の食堂と全然同じ価格帯なので、ものすごくお得な気分です。

ベジタリアン用に、肉の代わりに豆腐を使ったメニューがあるので、外国人にも人気みたいです。
そして、美味しかったのが、クリスピーポーク。(肉も美味しかった!)

豚肉を揚げただけですが、この外側のカリカリ感は他ではなかなか味わえません。揚げる温度が他とは違うんだと思います。
二人して、おー、これはウマい!って喜んでいました。
これはまた食べたいなぁ。

私たちの一年間の世界一周の軌跡が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

**今度は私たちがゲストをもてなします!**
福岡・糸島ゲストハウス
前原宿(まえばるしゅく)ことのは
(Itoshima Guesthouse Kotonoha)